WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

人気韓国コスメが危険!?理由を知れば最高のプレゼントです!

スキンケア・健康

人気韓国コスメが危険!?理由を知れば最高のプレゼントです!

プチプラコスメからデパートコスメまで、クッションファンで全盛となっております。メーカーやブランドから趣向を凝らした数多くのクッションファンデが続々と登場していますね。

プチプラコスメとは、プチプライスの略で、安い価格の化粧品グッズや道具の事です。コスメはコスメティックの略ですね。要するに、安い価格の化粧品(コスメティック)と言う事です。

デパートコスメはデパートで販売しているコスメティック(化粧品)ですね。

クッションファンデは、液体のファンデーションをスポンジ状のクッションに染み込ませ、コンパクトに収めたものを指します。時短にも役立ち艶を出す事に特徴があります。

その中でも韓国コスメブランド「ミシャ」のクションファンデが大ヒットを飛ばしております。
その人気の理由は何と言っても圧倒的な低価格!千円というプチプライスでクッションファンデが入手できるとあれば、ヒットするのは必至ですね。

しかし、最近ミシャのクションファンデが危険との噂が出ております。

この噂は本当なのでしょうか?また、なぜこの様な噂が広まっているのでしょうか。

韓国コスメの人気は、
美のカリスマ・IKKOさんも愛用するほど支持されております。

確かにミシャ以外の韓国コスメでも、危険と噂されている商品はいくつかあります。その理由は、

  1. 日本と韓国では薬事法が違うから
  2. 情報が正しく入ってこない
  3. 類似品に注意

この3つが危険と噂される主な要因です。中でも、成分の違いは諸外国によって違うため、確かに事案としては十分考えられる事ですね。歯のホワイトニングでも、成分の違いでUSA製のものを選ばれる方も少なくありません。肌に直接つけるだけに、心配な面はありますが、それは日本の化粧品でも同じでしょう。経過を注意しながら使用する事と、知識として知っていれば、問題はないと思いますよ。

女性へのプレゼントへも最適です。
女性へのプレゼントに最適な理由は、

一般に販売されているものと違い、オリジナリティを出せる。
単純に著名人が使用しているため、付加価値が付く。

この要素は大きいですね。
しかし、しっかりと肌に触れるものなので説明する事は必要です。

1.日本と韓国では薬事法が違う

これは当然の事ですが、日本と韓国では国が違うので薬事法も違いますね。
日本の薬事法の方が、韓国の薬事法よりも成分基準や広告宣伝においても規定が厳しくなっております。

現在、日本で販売されている「ミシャ」の製品で言えば、日本仕様の成分基準が満たされる様に日本向けとなっております。ただ、日本向けだけのものが入って来ているのかと言えば、疑問が残りますね。直接現地で購入をしたり、今では販売方法も発達しているため、韓国仕様のものも簡単に手に入るのではないでしょうか。大丈夫とも、危険だとも言い難いのが実情ですね。

2.情報が正しく入ってこない

韓国コスメは外国の製品となるため、距離の問題・言語の問題にて、トラブルが起こった際にも正確な情報として伝わり難く、さらに時間が掛かってしまうと言うのがデメリットですね。
しかも、発表されても翻訳次第では翻訳をする人のフィルターに掛かってしまうため、良いとも悪いとも言えなくなってしまうと言うデメリットも持ち合わせております。これは、外国製品を扱う以上は、どの商品にでも起こりうる事なので常にアンテナを張る事が必要ですね。

3.類似品に注意

特によいものに関しては、成分分析から類似のものを作る事が早く、パッケージまで似せた形で多くのものが出回っております。これには、特に注意してください。初めて見る方には比較してもわからないほど、似ている商品もありますので、できるだけ公式サイトから購入した方のがいいですね。

まとめ

結果として考えれば、どのブランド・メーカーであっても同じ様な問題や危険性は発生します。特に空前のヒットを飛ばした場合には、使用する方も多いため、母体が大きくなれば確かに肌荒れを起こしたと言う方も多くなりますね。大切な事は、しっかりと理解をした上で使う事です。これも、どの化粧品を使っても同じですよ。危険だと決めつけてしまうのではなくて、自分に合ったものを正しい使用方法で使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました