肌のシミをなくす方法

スキンケア・健康

肌のシミをなくす方法

肌のシミは、男性も女性も気になるものですね。
では、実際に肌のシミをなくす方法ですが、シミは本当に取る事ができるのかと言うと、レーザーでの治療を行えば可能だと思いますが、なかなか化粧品レベルでは難しいのが実情ですね。

出来てしまったシミを取るという事は、予想以上に難しい事なんですよ。ただ、安心して下さい。シミが出来てしまっても、薄くする事は十分可能です。一番大切な事はシミができる前に予防する事ですが、完全に目立たなくするレベルまでケアする事は出来ます。まずシミができるまでの仕組みを知りましょう。

シミができるまでの仕組みを知りましょう!

シミやそばかすを簡単に消す方法は残念ながらまだ開発されていませんが、適切なケアを行うことによって、増えるのを防いだり濃いシミを薄くしたりすることは可能です。

まずは、肌とシミができるまでの仕組みを理解する事が大切ですね。

ヒトの肌は、28日間で生まれ変わります。
この肌が生まれ変わる仕組み・サイクルを「ターンオーバー」と呼びます。

シミができる大きな理由の2つは、

①黒色メラニンが過剰に蓄積される。
②ターンオーバーのバランスが崩れる。

この2つが大きな要因ですね。

黒色メラニン自体の働きは、紫外線から肌をダメージから守る大切な働きがあります。
シミの原因となるため、非常に嫌われた存在となっておりますが、実は大切な働きがあったのですね。
しかし、本来はターンオーバーによって排出されますが、紫外線を浴びすぎたり、ターンオーバーのバランスが崩れると、「表皮」に黒色メラニンが蓄積されて「シミ・そばかす」の原因となります。この仕組みを知る事で、次にシミを抑える。または出来てしまったシミを薄くする事は可能ですね。

メラニンってなに?

メラニンとは、簡単に説明すると「色素」です。
髪の毛や肌の色を作っている「色の素」となる物質ですね。
トマトには「リコピン」と呼ばれる赤色に見える色素が含まれております。ほうれん草には、緑色の色素、「クロロフィル」が含まれているから緑色に見えます。
ヒトの肌も人種や肌の色が変わるのも、メラニンの種類や量で決まってくるからですよ。

シミが薄くなる仕組み

シミを抑えたり、薄くするために効果的な事は、

1.黒色メラニン生成を抑える。
2.ターンオーバーの機能を高める。
3.黒色メラニンの酸化を抑える。

この3つがポイントです。

1. 黒色メラニンの生成をおさえる

「シミやそばかす」は、肌の中で黒色メラニンが過剰に生成されてしまうことによってできます。シミを増やさないためには、過剰に紫外線を浴びる時間や頻度を減らすことが大切です。

メラニンは、色素細胞(メラノサイト)が「チロシナーゼ」という酵素を用いて作るものです。この「チロシナーゼ」酵素を抑えるのが「ビタミンC」です。ビタミンC配合の化粧品を使用する事も効果に期待が持てますね。

2. ターンオーバーの機能を高める

肌のターンオーバーのサイクルが乱れると、過剰にできてしまった黒色メラニンが排出されずに肌の中に長く留まって色素沈着につながります。乱れてしまったターンオーバーを改善し、肌の代謝機能を正常に戻すために、まず生活習慣を見直しましょう。

3. 黒色メラニンの酸化をおさえる

肌の中にある黒色メラニンは酸化されることによって濃くなります。そのため、酸化した黒色メラニンを元に戻す(=還元する)ことによって、濃くなった黒色メラニンを薄くする(無色化する)ことができます。

美白・スキンケアの方法

ここまで「シミ・そばかす」ができるまでや肌の仕組みを知る事が出来たのではないでしょうか。スキンケアとは、

排出美白:ターンオーバーを促進。
抑制美白:メラニンの生成を抑える。

この2つを同時に行う事が大切なのです。

最近では、次世代型コスメとして、「幹細胞エキス」が主流となってきております。
幹細胞が配合されていると、成分を補充すると言う流れから、細胞自体を活性化させて美容細胞自体を作り出すと言うのが大きな特徴ですね。

継続すると効果は高いと評判ですよ。

タイトルとURLをコピーしました