WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

仮説を立てるのは何故必要か

自己啓発

仮説を立てるのは何故必要か

仕事をする上でも、何を行うにも仮説を立てると言う事は非常に大切です。
改めて、なぜ大切かを考えて見た事はありますか?
仮説を立てて行動すると、行動にロジックが生まれます。
つまり、考えて行く道筋ですね。ロジックが生まれる事で、無駄な行動が無くなって行きます。
仮説を立てずに行動をしていった場合、まずはやって見よう。
と漠然と色々な情報を集め、大切な分析部分がボヤけてしまったり、結局最終的にその情報自体が
合っているかも分からず、答えが出ないまま進んで行く事となります。
宝探しで言うと、仮説で地図で大まかな地図をイメージ、方向付ける軸があれば、
この辺りに宝があるのではないかと予想する事が出来る様になもなります。
何もなければ、全て探す為に掘り起こすと言う結果にも繋がり兼ねません。
まずは、仮説を立てる事で意思決定を行う軸を決め、現状から結論を導き出しましょう。

仮説を立てる人と立てない人の違い

仮説を立てる方は、 「現状→仮説→結論」と結びつけます。
これは、こうではないか?と予想してから、予想した事に対して調査・分析を行います。
仮説を立てない方は、「現状 →  結論」と仕事を運びます。
まずは情報収集にて「調査・分析」を行ってから結論を結び付け、更にそこから結論に対しての
裏付けを行います。
ここでも解る通り、工程が一つ増えてますよね。仕事する上で大切な事、仕事の遅い人の特徴でも
ありますが、やり直しを無くす事が最も重要です。仕事が出来る人、早い人の特徴も、
やり直しの量にあります。仮説を立てない人は、工程が増える分でも、このやり直しが多く発生
しております。

仮説を立てる方法

重要性は良く理解して頂けたのではないかと思います。
では、ここで、仮説の立て方について考えて行きます。

問題仮説:なぜそうなったのか。
解決仮説:問題を解決する為の手法例、解決の仮説

この2つを、下記の法則に則りマップを作って行きましょう。

売上を上げる5つの方法。

これは、すべての企業にも当て嵌ります。また、新入社員含め、社員の育成や労働環境にも
置き換える事が可能です。

売上 =客数×客単価  :客数とは新規様+リピート客(常連様)
コスト=変動費+固定費 :変動費よりも固定費の方が圧倒的に削減継続はし易い。

考えるのはこの項目に該当する事は、全く考えなくても構いません。
マインドマップを使い

売上→客数→新規様(→常連様)と項目作り、問題仮説→解決仮説と作って行けば、
仮説は非常に立て易くなります。これで、ロジックはしっかりとして来ますね。

まとめ

仮説を立てずに今まで行動して来た方、何も悲観する事はありません。
時間は掛かっていたけど、今まで成果の出せていた方、色々と調べるのが得意だった方、
情報収集と分析が得意だった方は、やり方を変えるだけで飛躍的に結果の精度も上がり、
時間も短縮されます。分析能力の長けている方は、この長けている能力の使い方次第です。
是非、今まで以上のスピードで成果を出し続けて下さい。

タイトルとURLをコピーしました