お金の価値について

自己啓発

お金の価値について

お金の価値について考えた事はありますか?
今日考えて頂きたいのは、お金そのものの価値では無くて、今現在の自分に取っての価値です。
この考え方は非常に大切な事です。改めて考えて見て下さい。

一万円の価値

一万円の通貨としての価値は、世界どこでもレート換算を行えば同じですが、
皆さんが二十歳の時の一万円と、五十歳になった時の価値を比べて見て下さい。
どちらの方が価値としては高いでしょうか。
結論から申しますと、五十歳に取っての一万円の方が、圧倒的に価値は高いです。
二十歳の時何て全然稼いでいなかったので、そっちの方が価値が高いと感じている方も多く見えられるかもしれませんが、一万円を銀行に定年まで預けたとします。年間3%の利益として、今回は解り易く計算する為、利息に利息を省き、説明します。

二十歳の場合 年3%ならば、定年が60歳の場合、40年ある訳で、 120%分の利息 となります。
五十歳の場合 年3%ならば、定年が60歳の場合、10年しかないので30%分の利息
しか受け取る事が出来ません。

二十歳の方が定年時に受け取る金額、仮に22,000円としたならば、五十歳の方が同じ年齢で
同じ金額を受け取ろうとした場合、16,923円を預けなければ受け取る事は出来ません。
年齢によって、これだけの価値の差が出てきます。

まとめ

良く上司に奢ってもらったりしている方も多く見えられるかもしれませんが、この原理原則は皆おなじです。決して裕福で出したりしたりしている訳でもないので、感謝の気持ちを持って下さい。また、若い内から、節約は始めましょう。年を重ねてから浪費癖があると大変です。お金の価値をもう一度学んで下さい。

タイトルとURLをコピーしました