WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

センスを磨く方法!イメージが出来れば訓練次第で身に付きます!

自己啓発

センスを磨く方法!イメージが出来れば訓練次第で身に付きます!

 

仕事が上手く行かなかったり、好きな事でも上手に出来ないとセンスがないな〜

と感じる事は誰にでもあると思います。

センスと言う言葉ですが、誰でも

センスがあるね〜

と言われると嬉しいものですね。

ビジネスセンスや遊びのセンス、センスと聞くと特殊な持って生まれた感覚の様な感じに見えますが、しっかりとイメージをする事が出来れば、訓練次第で身に付ける事も可能です。

なるほど

それには、センスとはどういうことなのかを知る事から始めましょう!

センスを知る

センスと聞くと、持って生まれた才能や天才的なイメージがあります。
確かに、生まれ持って特殊な感覚を持ち合わせている方も少なからず見えられますが、センスで一番大切な事は、相手にイメージを抱いてもらう事です。

才能がある!

と相手に持って頂ければ、センスがあるのと同じ事ですね。

誰でも成果が出た時、成功した時に当たり前の様に成功している訳ではありません。
少なからず努力の積み重ねで結果というものは表れます。
しかし、第三者の人はその努力を知らないとセンスがあると感じてしまいます。

例えば、熟練の板前さんがキャベツの千切りを行ったとします。
キャベツの千切り自体は何万と繰り返す事で身に付けていても、知らない人から見たら、流石に料理のセンスがあるだけに上手だなと感じますね。
営業センスでも同様な事が言えるのではないでしょうか。
営業成績の良いビジネスマンは努力もしており、売り方自体を知っていると言う人も多く見えられます。これも知らない人から見ると営業センスの塊の様なイメージを持ちますね。

努力でセンスと言うのは磨かれるのですよ!

では、センスを磨くのにはどうしたら良いのかと言うと、

相手の2手先に行くと言う事です!

これが出来る様になればセンスが磨かれて身に付ける事が出来る様になります。

相手の2手先を行く

相手の2手先を行くと言う事は、相手の立場にたってイメージをしっかりと持つ事が大切です。

これは、商品販売のキャッチコピーを作る時には良く使われる方法です。

例えば、激辛カレーのプロモーションで、

一手先だと、「滝のような汗!」などのイメージは誰でも持ちます。

では、二手先をイメージして見ましょう。

「完食者0名!」「翌日は保証出来ません!」など、少し過激になるかもしれませんが、相手が辛さを連想されやすいものをキャッチコピーに入れると購買意欲は高まります。「お連れ様が見えられない場合は、お出し出来ません!」と言うのも良いかもしれませんね。より「どんなものだろう?」と興味をひくのではないでしょうか。

この様な方法は、日々訓練する事で自然と身に付いて行きます。

二手先を考えて行動出来る様になりましょう。

まとめ

どんな事でも、そして誰でも始めから簡単に出来ると言う事はありません。
成功や相手の立場に立ってイメージを持ち、連想させる事が出来れば成果には繋がります。

成果に繋げるためには、二手先を読んで相手に一つだけではなく、関連した様々なことを連想してもらう事が一番の近道です。

  • 暑い→「汗が出る・頭がクラクラする」→その先を考えイメージする。
  • 楽しい→笑顔やわくわく、ウキウキの気持ち→その先を考えイメージする。

この事を常に意識して行うと、センスは自然と鍛えられて行きますよ。

相手の立場に立って連想して貰えるものを提供する事が出来れば、どの様な事でも成果に結びつきます。

タイトルとURLをコピーしました