業務生産性を最大限に上げる方法!テレワークも実施方法が大切!

自己啓発

業務生産性を最大限に上げる方法!テレワークも実施方法が大切!

働き方改革は、各社でも積極的に取り入れられております。
その取り組みで各社が取り入れている働き方の一つに、テレワークと言う働き方ですがありますが、このテレワーク(リモートワーク)は自体は、実は生産性が下がると言う方も見えられます。
働き方改革の目的を達成するためには、業務生産性を上げる事は必要ですね。しかし、人それぞれのタイプによっても生産性は下がってしまう事もありますので、注意しながら進めて行きましょう。

業務を行う上ので環境整備

会社組織内では、業務生産性を上げるために働き易い環境を創っている企業と言うのは少なくありません。apple社やGoogleの様に世界を代表する企業は、2,000年始めからリモートワーク自体を取り入れたものの、一時はリモートワークを廃止した事もあります。これは、結果的には生産性が下がってしまったからと言うのが理由ですが、apple社やGoogleも含めた世界的にも大きな企業では、

  • 創造性を膨らませるのオフィスデザイン
  • 意見交換の出来る環境やシステムの導入
  • 仲間と共に切磋琢磨する環境

この要素を大切に考えており、オフィスで仕事を行うための環境整備を行う事で創造性とアイデアが出易い環境を創っております。

テレワーク(リモートワーク)が向かないタイプ

テレワークはと、在宅ワークですね。
家やオフィス以外で仕事を行う訳ですから、当然集中できる環境もいつものオフィスとは変わってきます。
誘惑も多い事でしょう。リモートワークに向く人とそうでない人の特徴では、見られている緊張感があるかないかと言う事も関係します。オフィスでは誰かに見られている訳ですから、仕事自体をサボることも難しいと思います。学校の勉強でも、誰かが一生懸命に勉強をしていると自分自身も勉強してしまうと言う方も多かったのではないでしょうか。この様な人はあまり在宅には向かないと言う方かもしれませんね。

仕事を依頼する側の人は、在宅で生産性が落ちるのか否かを見極めてから仕事を依頼すると言う事も必要かもしれません。生産性が落ちる方であれま、時間が経てばクオリティーが下がったり時間が無い事による遅延に繋がったりする傾向も否めません。この様な場合は継続的に仕事を依頼する事は控えた方が良いかもしれませんね。昔から、一人で黙々と何かを行う事が好きな人は生産性も下がらずにリモートワークを行う事も得意なタイプかもしれませんよ。

緊張感を維持させる方法

緊張感を維持しながら、リモートで仕事を行うために幅を広げた方が良い環境構築は、

  • カフェなどの場所を変えた時にでも対応出来る様にする。
  • サロンなどの集まりやコミュニティーを利用する。

この2つの方法は非常に有効です。
カフェなどの場所を変えても対応可能な状態にしておくためには、環境面も自分自身で作って置かなければならないですね。しかし、何処にいっても仕事が出来る環境にしておく事と言うのは、これ程大切な事はありません。あと、コミュニティーも含め仲間を作ると言う事も生産性を上げるためにはメリットとしても大きなものがあります。決して、同じ仕事を行っていなくても、例えば図書館で仕事を行っても、周りにいる方は読書をしているだけかもしれませんが、集中して何かを行っていると言う共通の項目があるだけで、予想以上に自分自身も集中できると体験もすると思います。誰かが頑張っている姿を見て刺激されるのと同じですね。

まとめ

仕事を行うには、どんな時でも仕事に向くトリガーが存在します。
この行動を起こすトリガーは人それぞれに寄っても違いますね。テレワークでも髭を剃ってスーツで仕事を行う人や色々な習慣を取り入れている方も見えられます。自分自身に気付く事も大切な事ですよ。
ストレスが無くなることで健康になったり、痩せる方も多く見えられます肌が綺麗になると言う方も見えられる位です。生産性は、何も設備を整える事だけが全てではありませんよ。
自己管理能力を身に付けて行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました