WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

ビジネスで使えるデータ分析方法

自己啓発

ビジネスで使えるデータ分析方法

アソシエーション分析

アソシエーション分析では複数の関連性を見つけ出し、仮説を立て、経営戦略やマーケティングに活かせます。キーワードは、「関連性」と「仮説」です。一見関連性のない様に見えても、そこに何かしらの要因が隠れていることが多いです。例えば、「紙おむつとビールが同時に購入される確率がなぜか多い」や「Webサイトで会員登録するユーザーは登録前になぜかWikipediaを見ている可能性が高い」といった感じです。ビールと紙おむつとでは、イメージし難いかもしれませんが、ビールを買うとトイレが近くなる。そこからお子様の紙おむつと繋がっているかもしれません。この仮説力が高ければ、様々なアイデアが浮かんで来たり、レイアウトも変わってきますね。

バスケット分析

アソシエーション分析から一歩踏み込んだデータ分析手法ですが、分析対象がユーザーの購入商品に限定されます。つまり「バスケット(買い物かご)に何を入れているか?」を把握することで、Aの商品とBの商品が同時に購入されている確立が高いといったデータをはじき出します。
ECサイトを利用した際に、よく「この商品を購入した方はこちらの商品も購入しています」というレコメンドを見かけますが、これはバスケット分析を活用したマーケティングです。ここでも「関連性」と「仮説」です。なぜ、この商品を購入したのか。スーパーでじゃがいもの近くにカレーやシチューの作り方がおいてあるのと似てますね。連想させる事も出来れば、必ず業績に繋がって来ます。

クロス集計分析

アンケート調査における設問に対し、回答者の属性などの項目を交えて集計するデータ分析手法です。例えば数百人のユーザーに「1日のインターネット使用時間は?」というアンケートを取ったとします。このアンケート結果に性別や年代といったユーザーの属性を加えることで、縦軸と横軸をモデルとした集計が可能ですね。(縦軸に時間、横軸に年代といった具合に)クロス集計分析を用いることでユーザーの属性ごとの平均値を知ることが出来ます。これが解ると、表示させる広告媒体の質や、時間帯にも役立ちますね。

まとめ

データ分析はあくまで「経営戦略やマーケティングに有用なデータを得るための手段」です。データを目の前にして「その後どうするか?」はマーケターの手に握られています。多くの方が「データ分析さえすれば業績が向上する」と誤解していますが、結局は人の頭で今後の施策を考えていかなけらばならないのです。データ分析自体は戦略を教えてくれません。そのヒントを与えるだけです。この認識をしっかりと念頭に置きデータ分析を行っていきましょう。ポイントは「関連性」「仮説を立てる」「行動する」の3つです。これを繰り返す事で、必ず業績にも繋がり、結果が出てきます。

タイトルとURLをコピーしました