良い仕事、商品に対する価値観を変える方法

自己啓発

良い仕事、商品に対する価値観を変える方法

一生懸命仕事をしても、また自分自身で良いと思うものを開発したり販売したりしても、予想以上に売れなかった、仕事でも評価されなかったと言うことはありませんか?

これは、よくある話ですね。

例えば、

有名なダイエットサプリは1ケ月3万円ほどのコストが掛かるとします。

成分分析も行なって似た商品を1ケ月1万円程度で済む価格設定で販売しようとしても、全く売れない

と言うことも「あるある」ですね。

仕事でも、朝から晩まで一生懸命仕事をしても評価されない。と言う方にも、同じ様なことが大きく当てはまります。覚えておきましょう。

ポイントとしては、価値観を見つめ直すことですね。

自分の中で良いと思っていることや良いと思っている商品は、必ずしも周囲の目から見て良いものであると言うことはないと言うことです。では、良い商品も含めた『良い』とはどんなものなのでしょうか。

良いの価値観

・ユーザーが求めている商品およびその価値
・ユーザーが商品の価値観に共感して、購入や投資を試みたいと考えること

この2つが大きく影響しております。

ユーザーが求めている商品およびその価値

ユーザーが求めている商品およびその価値とは、最も簡単なことで、求めているユーザーがいるかどうかです。商品で言えば、その市場規模にも値します。現在、多くの方が購入している商品は、それだけ市場価値も高く売上規模も多いと言うことです。しかし、売上規模が多い市場にはたくさんのライバルも存在します。そのライバルと対等以上に戦うためには、その商品に関するマーケティングが大切です。

・ユーザーは誰なのか。
・求めているユーザーがいるのか。
・どれくらいのユーザーが求めているのか

これは考えることが大切ですね。仕事でも同じですよ。仕事は、作業として行うこともあれば、自分で考えて行うこともあります。

評価されない方と言うのは作業を多く行なっている人が多いですね。

同じ仲間や得意先が求めているものを提供することが出来れば、評価は必ず上がって行きます。

仕事でのユーザー(顧客)は、時には部下であったり、同僚であったり、同じ部署や他部署と考え方を広げましょう。自分が行うことや行なった仕事で、他部署の生産性が上がれば、必ず評価は上がって行くと思いませんか?自分が得をしたり自分が裕福になるためには、ユーザーを先に満足させると定義する必要性がありますね。

ユーザーが商品の価値観に共感して、購入や投資を試みたいと考えること

簡単に言うと、高額でも納得して購入すると言うことです。

例えば、有名ブランドのダイエットサプリが1ケ月で3万円の高額であっても、購入する人が多いのであれば、それは良い商品です。求めるユーザーが居て、それをほしいと購入している訳ですから良い商品に間違いありません。例え、同じ成分で低価格で販売したとしても、売れなければ良い商品とは言えませんね。では、なぜこの様なことが起きるのかと言えば、当然ブランド力も影響しますが、最も不足していることが、広く知ってもらうと言うことが出来ていないからなんです。

広く知ってもらうためには

  1. 人気のある商品、評価されている商品や仕事がなぜ評価されているのかを理解する。
  2. 自分のキャッチコピーから考える。

この2つを行なって見るだけで、劇的に変わりますよ。
人気のある商品が売れる理由は必ず存在します。時には、売り出しをかけるために行なったプロモーションを調べることも役に立ちます。その売上が上がった経緯を知ることができれば、ユーザーの求めているものを知ることも出来ますね。仕事で評価されている方も同じです。どの部署でどの様な仕事をした結果、社内および社外のどの部分に貢献したのかを知ることができれば、評価基準に対する指標にもなりますよ。

まとめ

価値観を変えることで最も大切なことは、自分の感覚や基準ではなく、「ユーザー・相手」に基準を合わせることが最も大切なことです。自分で良いと思っているだけでは評価にも繋がりませんし、商品であれば相手に良いものだと知って頂かなければ、購入してもらうことも難しいと思います。

相手・ユーザーのことを知る。

悩んでいる方は、ここから始める様にして見てはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました