新生活応援します!リモートワーク・学習でも参考になります!

新生活は始めが肝心です!
最初に手間を惜しむと結局は居心地が悪くなったり買い替えたりと後悔いも繋がります。
順番通りに行えば、問題はありませんよ
インターネット回線や電力会社のプラン変更もこちらから簡単に行えます!

今ならキャンペーン中!

書評サイト 5選

自己啓発

書評サイト 5選

書評サイトは、数あるビジネス書や有名書籍をまとめたサイトで、非常な便利なサイトです。書評サイトは、目的として様々な活用の仕方もあるとは思います。
一番の活用方法は、知識の習得と言う目的のために、読書の時間を有効にする事ですね。

ポイントとしては、

・有効な知識を習得するために、最短の道で本にたどり着く。
・有効な本へ辿り着き、最短で読み習得する。
・最短で習得した本を自分でカスタマイズする。

この3つに重点を置きましょう。
書評サイトでも、色々な特徴があります。目的をしっかりと持たなければ、本を読む事自体も行わなくなってしまいますね。これでは本末転倒です。最終目的はしっかりと持って書評サイトも探す事が大切ですね。

5位 BOOK asahi.com

朝日新聞がまとめている書評サイトです。書評の内容としては申し分はありませんね。
「文芸」や「政治」の内容には充実している書評サイトですが、自己啓発と言う分野で見た場合には、少し固すぎますね。新聞を読む事のと対比するのであれば、非常に役に立つサイトですが、読書から知識と見識を高め、自己啓発に繋げると言う分野では若干劣ります。

4位 書評空間 紀伊國屋書店

こちらは、新刊の書評も早めに掲載れます。全国で書店を展開する紀伊國屋書店の書評サイトですね。書評の執筆者がメインとなっているイメージですね。
自分の読みたい本を探すと言うイメージよりは、執筆者の読んでいる本を探すと言うイメージです。書評自体の内容は充実しておりますが、最終的に本を読んで知識の習得と言う点では選ぶ本が物足りないですね。

3位 読みたい本がきっと見つかる!HOZON

こちらも、書評家をターゲットにしているため、自己啓発書では弱みを見せます。
関連の本であったり販売と言う面では役に立ちます。種類も豊富ですね。ただ決めてにはかけるため、物足りなさは払拭できません。

2位 本の情報総合サイト Book Bang

1位にしようか迷いましたが、オリジナリティで2位にしました。
このサイトは、各書評サイトのまとめサイトであるため、豊富な情報量を持っております。是非、サイト登録をおすすめします。

1位 本の要約サイト flier

こちらは、是非無料登録はおすすめします。
最終的には本を購入して知識の習得におすすめしますが、著名人でも登録している方は多く見えられます。完全に、本に対する要約サイトです。

まとめ

書評サイトは、目的を明確にする事が大切です。
選択の失敗や継続されない時は、この目的が違って来てしまう事ですね。
書評サイトの目的は、最終的には本を読み自分のものとする事です。サイトのレビューだけと読んで本を読んだ気になったり知識を習得した気になるのは少し間違いですね。
レビューと言うのは、その読んだ個人の主観が入っております。同じ内容を読んでも、それぞれに寄って感じ方は違います。また、成長にも寄って感じ方は変わってきます。これが、本を読む事での変化の一部でもありますね。
どんな便利なツールでも、活用の仕方で結果は大きく変わってきますよ。

タイトルとURLをコピーしました