本を読む事が苦手な人は必見!

自己啓発

本を読む事が苦手な人は必見!

本を読む事は、非常に勉強になります。また、人生も充実します。

北野武氏も、「本は色々な事を教えてくれます」

と話されてる程に本を沢山読まれております。
本を読むと言う事で、本当に本質を勉強させられる事が沢山ありますよね。

ただ、本を読む時間と言うのは、誰でも無限にある訳ではありません。
会社で働いている方や学校に行っている学生でも、時間に終われ読書自体の時間がなくなるかもしれません。さらに、本を読む時間は出来ても、一冊の本を読むのに、一週間かかるのか、三日で終わるのかと言うのも大きな違いです。短時間で終わる事ができれば、沢山の本を読む事が出来ます。

そこで、時間がない方でも本を読んだ事と変わりない知識を身につける、さらには本を読む習慣を身につける方法を紹介します。これは、本当に役にたちます。

その方法とは、書評サイトを活用する事です。

書評サイトとは、本を読まれた方が内容を完結にまとめているサイトです。
活用方法も良く知っておくと非常に便利なツールですよ。

書評サイト

書評サイトのメリットは、よく本を読む時に、実際には買って見たもののあまり興味のある内容では無かったと言う事もあったかもしれませんが、概ねの内容を知る事ができるため、この様な事を回避する事ができます。さらに、活用の仕方次第では、本を購入したあとで、読むスピード自体は早くなります。その活用方法とは

・目次を見て、本の内容を把握する。
・概要欄で、概ね実際に書かれている事を理解する。
・書評での内容から、概ねの内容を理解する。

この3つを行う事で、劇的に本を読むスピードが早くなります。目次で内容に興味を持ち、概要と書評サイトでの内容を確認できていれば、読むと言う行為だけではなく、どう行動するかと言う事までイメージしながら読み進める事も可能ですね。

これは、大きなメリットです。短時間で、多くの知識を吸収する事ができると言う事は、その分アウトプットをする時間も増えると言う事です。是非、活用して見て下さい。

まとめ

本を読んで勉強になるなと感じる時

自分の成長を実感している時
部下や次世代に伝え成長を感じている時

この二つが一番大きく、頼もしくもあれば、

「今後を見守りたい」
「自分自身もさらに成長し続けたい」

と思う感情を抱く時ではないでしょうか。自分で読んだ本を単純に本棚に並べて、気がついたら書籍が出来上がっていた何て事はないでしょうか。これを自分の子供や孫に書籍として残せないだろうかと考えた事も見えられるかもしれません。ただ、本だけを並べて書籍を作る事は簡単ですが、それでは意味がありませんね。
本を読むためには、読書自体を好きになる事も必要になると思います。さらには、好きになるためには、読書で知り得た知識を実践で活用でき、効果のあるものだと実感できる事も一つの条件にはなると思います。本を沢山読むと言う事は、それだけ歴史を積み重ねるのと同じですね。

タイトルとURLをコピーしました