WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

言葉使い

自己啓発

言葉使い

言葉は言霊と言われる位、その使い方次第では良い印象を与えたり嫌になったりと、使い方は非常に大切ですね。時には、人生を左右する位に大きな出来事にも発展し兼ねません。自分の責任で、人の人生を狂わせてしまったと聞けば、誰でも良い気分にはならないと思います。
では、あなたは普段から言葉の使い方に注意していますか?
特に若い世代に取っては、この言葉の使い方は非常に大切です。絶対に守ってほしい言葉の使い方をまとめて置きましたので、是非実践して見て下さい。周りの印象は大きく変わりますよ。

否定的な言葉は避ける

話で例えを入れる場合でも、

「これはダメな例です」と例をあげて発信するとします。そして
「これは良い例です」と言葉を発信するとします。

逆に

「これは良い例です」と発信してから「これは悪い例です」と言葉を繋げます。

聞く側に取っては、良い例を先にあげてから悪い例を例えた方のが伝わる力もプラスの印象を受けます。やる気にも繋がってきます。

否定的な言葉には、マイナスの雰囲気が含まれております。一方、良いと言うプラスの言葉には、活力とやる気が溢れております。誰でも、力を与えられると嬉しいのではないでしょうか。プラスの要素を加えて、話の冒頭には必ずプラスの言葉を使いながら説明しましょう。必ず聞き手側も関心を持って頂けますよ。

言葉使いは肯定的に行う。

肯定的な言葉の使い方はプラスの要素を多く含んでおります。中でも、褒める事は最強です。誰でも褒められて嫌になる方は見えられないと思います。一言で相手の感心を引く言葉は

「さすがです」

の言葉につきます。誰でも、簡単に発言する事も可能ですね。話を聞いた際にこの言葉を発して見て下さい。言われた方は、心を開き話をしてくれますよ。

叱るのではなく、諭す

これは非常に有効は手段で、出来ていなかった人を見かけた際、時に叱る事も大切かもしれませんが、誰でも叱られると凹みますよね。そこで、出来ている人を褒める事で気づかせてあげる。出来ている人を見せて、何であんなに凄く出来るんだろう。と諭すと色々な意見が活発に出てきたり、自分もそうなりたいと思う様になってきますよ。これが非常に有効な理由も、スポーツの世界で一流選手がいます。一流選手と比べてなぜ出来ないの?と言っても、納得も説得もなければ、当たり前だと思って終わりですね。しかし、一流選手でも、「ここまで練習した見たいだよ。」「何ここまで練習出来るんだね。」などと投げかけると、自分でもやって見ようと思うものです。そこから意識や考えが変わってしますね。

まとめ

言葉使いの悪い方は、大体が自分がスッキリしたくて自分中心に話をしているだけです。正直申しますと、その様な方は放って置きましょう。しかし気になるものだと思います。機会があるのであれば、本当に訴えても良いのではと私自身は思います。お互いの為にはなりません。
この言葉の使い方は、時代と共に変化もして行きますので、色々な使い方で自分自身の魅力に繋げて下さい。

タイトルとURLをコピーしました