悩み相談

自己啓発

悩み相談

会社でも学校でも、そして人生でも人はなぜ悩むのでしょうか?

生きている限り、必ず悩みは出てきますね。小さい時から学校での悩み、自分自身での悩みと様々な試練や苦労を経験して成長して行きます。成長には摩擦は付き物ですね。すべてが上手く行くとも限りませんし、すべてが成果に繋がるとも言い切れません。ただ言える事は、成功しても失敗しても必ず学びがあると言う事だけは知っておいて下さい。

悩みの種類

まずは悩み種類を知りましょう!悩みの種類を知る事で、解決策にも繋がると思いますよ。

悩みの種類と言うのは、大きく分けて2種類あります。

  • 一つ目は自分自身への悩み
  • 二つ目は周りや環境に対しての悩み

自分への悩みに関しては、自分で何でこんなにできないのだろう。とか、出来ない事に対してのもどかしさであったりと様々ですが、自分で実践したりする事で解消される為、解決策としては早く見つけ易いのではないでしょうか。

二つ目の周りや環境に対しての悩みと言うのは、なかなか自分では解決できない為、難しい問題が多いですね。現在のストレス社会でも最も問題となる点はこの二つ目の悩みが大半です。ハラスメントもそうですね。相手がいるものなので、解決には人の協力を得られないと難しい問題も多くあります。しかし、総じて周りが影響するものほど、誰も関心を示そうとしないのも実情ですね。

悩む人ほど、能力が高い

私は、悩む人ほど能力は高いと感じております。現状に満足していたり、変化へ対応する気が無いのであれば、悩む必要はないと感じます。悩んでいる方は、現状に満足していない。自分はもっとできる。もっと高く飛べると志も高い方の方が多いのではないでしょうか。誰しも、楽をしたいと思っている方が、今よりももっと楽にならないかな?と言う悩みはあまり持たないと思います。持ったとしても、直ぐに、やっぱり無理かと思って悩むのを止めてしまいますね。

相談の乗り方

立場上、相談に乗る機会は多いのですが、どの様な形で相談に乗るのが良いのでしょうか?

 

相談に乗る時に、良くどうしたいの?将来何がしたいの?

と聞く方が多く見えられますが、あまり聞き方としては良くありません。どうしたら良いかわからないから悩んでいるのですよ。

まずは悩み自体を知る事。聞く事で少しでも気持ちを楽にしてあげて下さい。

そして、自分に対しての悩みであれば、解決策を提案してあげる事が大切ですね。その時も、必ず達成できるイメージを持たせながら行う事が大切です。その為には、認めてあげる事です。自信を付けさせてあげる事ですね。特に聞いてあげる事は、大切です。悩んでいる人と言うのは、悩みを聞いてくれる人がいなかったり、恥ずかしいと言わなかったり、言う事が出来ない為に悩んでいると言うのが殆どです。それは否定される事も含んでですね。まずはしっかりと聞いてあげる事で気持ちを少しでも楽にしてあげて下さい。

次に、周りの環境や自分以外の事で悩んでいる方へは、本来であれば解決自体が難しい場合があります。法律的に難しい問題であれば手続きを取れば問題ありませんが、結果として更に大きな悩みになったり、自分自身が病に陥ってしまっては本末転倒な結果となってしまいます。この様な場合は、問題解決に向け自分で出来る事はないかを共に考えて提案して見て下さい。自分への行動に落とし込む事が出来れば、解決策の一つとして突破口を開く事が出来ますね。

まとめ

悩み自体は誰にでもあります。この悩みがあると言う事は、まだ成長出来ると言う事なのです。人が進化し続ける事が出来たのも、悩み考え知恵を出して来たから変化へも対応できた訳ですから、悩みがある事を良い機会として捉える事で、更に成長へ繋げましょう。最終的に悩んでいる時間が勿体無いと感じた時は、その悩み自体を切り捨てて解決するだけです。仕事や学校であれば辞めてしまう。人間関係であれば、付き合いを辞めてしまえば悩みは無くなります。

タイトルとURLをコピーしました