プログラミングで目指すゴールをイメージする方法

プログラミング

プログラミングで目指すゴールをイメージする方法

プログラミングは、現在も需要は高まっており売り手市場となっております。
ただ、ゴールを決めていなかったり、何となく勉強していると言う方は折角のチャンスを損していないでしょうか。
プログラミングのメリットは、時代が流れて新しい言語が出てきたとしても、少し勉強し直すだけで対応もできる様になります。また、すべてのプログラミング言語が一気になくなると言うことも考え難いことですね。一度身に付けてしまえば、後の人生で必ず仕事の役に立つと言うことです。若ければ若い程、お金の価値と比例して投資対効果は高いと言うことです。
これは、すべてのことに当て嵌まります。

例えば、50万円を投資してプログラミングスクールに通うとします。

定年は65才で考えましょう。
35才でプログラミングを学び再就職したすると、定年までは30年ですね。
25才でプログラミングを学び再就職をすた場合は、定年まで40年です。

50万円と言う投資額は変わりませんが、若ければ焼却年数が増えるため、同じ金額でも投資対効果は高くなります。高額な費用かもしれませんが、その分チャンスは広がります。良く、転職の時とか将来目指したいことがないからと何もしないと言う若者も見えられますが、若いからこそ、投資対効果が高いと言うことを理解しましょう。

今起きている時代の流れ

現在、各企業においては優秀な若手の獲得には力を入れております。
勿論、育成も同じですね。昨今では、終身雇用は終わったと騒がれておりますが、これは間違いありません。では、大企業でどの様な現象が起きているのかと言うと、

優秀な若手は給料が高い!

これは、インセンティブが影響する職種では、新卒で高額年収と言うのもザラにあります。
まさに、若手が少ないことと働き方において自由や個人を求める時代が強くなっている今の時代では、ある意味「バブル」です。自分の市場価値を高めることが出来れば、その分の見返りを求めることは十分に可能です。では、なぜ平均年収が上がってこないのか?
平成30年の平均年収は441万円です。近年、横ばいの推移は続いておりますね。

これは一部企業の例ですが、
全体では平均年収は横ばい推移かもしれませんが、間違いなく格差は発生しております。
働き方改革などの残業や労働時間の見直しによって、各企業では無駄の排除は進んでおりますね。大手企業内でも、一般的には残業も無くなっているために、新卒は残業もなく通常に基本給に近い賃金で労働力を提供しております。ここで、懸命な方々なら理解できたと思います。

・若手は残業がなくて基本給
・平均年収は横ばい

その結果として、

・平均年収の少ない若者が増える。
・一部の優秀な若手は給料が増える。

この様なことが起きております。時間から時間、決められた労働時間しか働けない。また、働かない方は給料の上積みはありません。その分、今まで自分の市場価値を高めてきた方や励んでいる方は一気に年収は上昇しております。

これも時代の流れですが、どこまで続くのかは解りません。
さらに優秀な若手は個人て起業すると言う道を選んで行きます。決して、その選択自体も間違っておりません。今は、早めにその波に乗ることは強くお勧めしますね。

若手がプログラミングで目指すもの

プログラミングの勉強は若ければ若いほどメリットが大きいですね。

特にメリットとして、

・今後の成長期待値で採用される。
・プログラミング言語は、「HTML」「css」「PHP」(PHPは基本程度)

この位で十分採用されます。若手は、プログラミングの世界に呼び込むにも、今後の期待値から採用に関してのハードルは低いです。プログラミング言語でも「HTML」や「css」とちょっとした「PHP」位を習得しておけば、概ねどの就職先でも受け入れてもらえます。受け入れる側の企業も、その位の指導マニュアルは持っておりますね。なかなか新人が定着しないと言う企業様は、このあたりの指導マニュアルを見直して見てください。存在していても、単発で終わる様な関連性のないマニュアルが多いと思いますよ。2年後は見据えた成長プランを掲示できる様にしましょう。

年齢を重ねるごとに求められるスキルは上がる

25才から30才、30才以上ではさらに求められるスキルが上昇します。
25才から30才までは、まだ期待値での採用が見込める年齢となります。
しかし、扱えるプログラミング言語、PHPからJavaScriptまでと若干ハードルは上がりますね。30才を超えたあたりからは、ほとんどの言語を扱えないと難しくなってきます。
これは非常に単純なことで、経験と言う即戦力として求められるからです。
ただ、年齢を重ねても需要がなくなる訳ではありません。自社内で部署があるのであれば、部署変更も可能です。さらに外部委託をしている企業であれば、引き継ぎながら勉強をさせて頂くと言うことは大きなメリットにもなりますね。自分の可能性を信じて広げて見ましょう。

タイトルとURLをコピーしました