WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

プログラミングが有利な理由

プログラミング

プログラミングが有利な理由

私自身、プログラミングを学んでおりますが、プログラミングが有利な理由と現在の状況、
今後の展望について、少しお話したいと思います。
結論から申しますと、人材不足です。この人材難が一番の要因である事を理解しましょう。

深刻なエンジニア不足

現在、エンジニアは深刻な人材不足に悩まされております。
エンジニアとは、「科学的な専門知識(特に「工学」(=エンジニアリング))を持ち、それを役立たせることを職業とする人」を指し、日本語においては「技術者」と称されることが多いです。
具体的には、
コンピューターシステムの提案・設計や開発などを行うシステムエンジニア、システムエンジニアが制作した設計書からプログラミングを行うプログラマーなど、様々な分野に分かれます。経済産業省の発表では、今後もエンジニアの需要は高まり続ける一方で、エンジニア自体は減少しております。寧ろ、需要と供給で、エンジニアの数が追い付いていないと言うのが実情かもしれません。現在の環境では、企業に属せずにフリーで働いている方が多くなったのも要因かもしれませんね。

今後のビジネスチャンス

今後のビジネスチャンスでは、

  1. 自分がエンジニアになりフリーランスとして働く
  2. エンジニアの育成スクール
  3. エンジニアの人材紹介

この3つは伸びがある業種だと感じますね。
ここから紐づけし、更に利益に繋げる仕組が出来れば事業としては万全です。どれか一つでも出来れば、20年は安泰でしょう。業種によっては、まだまだこれからITを取り入れると言う業種も少なくありません。今の内に先見の目が必要ですね。

まとめ

今後、ITの技術は発展して行く事は容易に判断出来ますが、それでも技術の進歩にどうしても遅れる業種は少なくありません。その代表例が公務員と感じます。この公務員は、大企業以上に全国区な所もあって、システム自体を変えるには非常に難があります。また、セキュリティーも独自である為、変更も容易ではありません。只、時が経つに連れて、必ず変化をして行きます。各民間の企業は、今の内から流れさえ作っていけば、利益を残す仕組は必ず結果に表れてきますよ。エンジニアに目を向け、今自分が何をするべきなのか。会社として何を行って行くべきかを考えて見て下さい。

タイトルとURLをコピーしました