WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

5G対応!iPhone12の注目ポイントと機種の選び方!

仕事・情報

5G対応!iPhone12の注目ポイントと機種の選び方!

いよいよiPhone12の発売を控えております。今回新しくなった機能は実際に何なのでしょうか。
結論から言うと、

Proシリーズでは、カメラ性能が更に上がった事と5G対応が解りやすいと思います。

それでも、最新のiPhoneシリーズですから、拘りも随所にありますよ。
サイズも幅広く用意されているため、ターゲットユーザーの幅も広がっていると感じます。

ポイントとしては、

  • 5G対応になった。
  • 耐落下性能が向上した。
  • デザインが角張ったデザインに変更
  • 新色が増えた。
  • Mag Safe(背面が磁石にくっつく)になった。

この5つは見た目でも直ぐにわかる変更点です。
その他にも、機能面では色々変わったところもありますよ。

5G対応

今回のiPhone12では、5G対応になりました。

この5G対応というのは、今回sub6での5G対応ですね。
5Gには、sub6とミリ波がありますが、今回はsub6での対応です。

まだエリアも限られておりますが、使用可能エリアもどんどん拡大されて行きます。
今の内から体感するのも良いですね。

耐落下性能が向上!従来の4倍

iPhoneユーザーは、一度位は割ってしまった経験もあるかもしれません。
iPhoneは落とすと直ぐに割れると言われた時期もありましたね。
今回Ceramic Shieldと呼ばれる素材で、4倍割れにくくなった素材で画面は作られております。

これは非常に嬉しい変更です。

デザインが角張ったデザインに変更

iPhoneのベゼル(枠)は、最近では丸みを帯びているのもが多くなりましたが、iPhone5の様に角張ったベゼルに変更となりました。

この形がiPhoneらしくて好きと言う方も結構見えられます。

この角張ったベゼルに変更になると、画面を横一杯まで広げる事が出来るので、その分画面の広さが増す事になります。

新色の追加

従来の4色から、ブルーが加わり5色になりましたね。

ブルーを持っているだけで、それはiPhone12の証です。

但し、ProとPro Maxは従来通りの4色となっております。
こちらは少し残念ですね。

Mag Safe機能

Mag Safeとは、iPhoneの背面が磁石で引っ付く様になった機能です。
この機能によって、ワイヤレス充電器のズレを避ける事が出来ます。
充電していたのに、いつのまにか外れてしまって充電できていなかったと言う経験も、多くの方があるのではないでしょうか。
更に、磁石で付くため、アクセサリーが充実します。
手帳式でカードを収納するしか手が無かったと言う事も、今回の変更で幅も出ますね。
スマートに使いこなす事も可能です。

シリーズでの機能の違い

今回のiPhoneでは、4種類の機種が用意されております。
シリーズでの機能の違いは、カメラ性能が大きく違います。

  1. ProとPro Maxは、望遠レンズが付いています。
  2. センサーシフト手ブレ補正で、補正機能も少し高くなっております。
  3. ナイトモードと充実度も高くなっております。

写真や動画を利用する人が多い方は、Pro仕様をお薦めします。

容量は、

iPhone miniとiPhone12は容量が64GBから容易されております。
iPhone12 Proは128GBからとなります。

128GBで価格面を比較すると、

Appleの公式ページでは

iPhone12 Pro 106,800円
iPhone12 90,800円
iPhone12 mini 79,800円

となっております。
少し手を出せば届く価格ですね。

まとめ

iPhone12の変更点は、

  • 5G対応になった。
  • 耐落下性能が向上した。
  • デザインが角張ったデザインに変更
  • 新色が増えた。
  • Mag Safe(背面が磁石にくっつく)になった。

この5つが変更点となります。

シリーズでの違いは、

大きな違いはカメラ性能です。

  1. ProとPro Maxは、望遠レンズが付いています。
  2. センサーシフト手ブレ補正で、補正機能も少し高くなっております。
  3. ナイトモードと充実度も高くなっております。

Pro仕様には、この3つの機能が付いております。
動画を取る方にはPro仕様をお薦めしますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました