WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

転職での未経験大歓迎!には裏がある!?就職は始めが肝心です。

仕事・情報

転職で未経験大歓迎には裏がある!?就職は始めが肝心です。

就職したのは良いけれど、

  • 今の会社は合わないな。
  • やりたい職種が見つかった。

などなど、新しい仕事へ意欲を見せると言う事は良くある事です。
その中で、いざ転職活動をやろうと思っても、

    • 自分には出来るかな?
    • 新しい職場は受け入れてくれるのだろうか?
    • 始めてでも大丈夫かな?

と色々な不安を抱えながら転職活動をする事となります。
でも安心してください。

この様な不安というのは、誰でも抱えている問題にもなりすよ。
ただ、転職というのは企業側も慎重なスタイルで進めております。決して簡単に良い職場や仕事を見つけれる訳ではないので、少なからず覚悟は必要です。

この記事を読むと

    • 転職で企業側が求める事。
    • 本当に未経験でも採用をもらえる職種
    • 転職前から気をつける事。

がわかります。
一番良い方法というのは、現在は終身雇用は崩壊しているため、今後は転職は必ずあるものだと始めからイメージして就職を行う事です。
そして、徐々にステップアップして行く事が大切ですね。

転職で企業側が求める事

結論から言うと、転職で企業側が求めている事は、即戦力になれるかどうかと言う事です
企業側は転職者を受け入れる場合は経験者かどうかで判断します。
全く未経験であれば、新卒で採用した方のが人件費としてもコストが掛かりません。

求人情報に「未経験者歓迎」と言う文字も多く見ますが、これは決して嘘と言う訳ではなく

  • 未経験者でも面接はするが採用するかはわからない。
  • 未経験者でも受け入れる部署も持ち合わせている。

この様な場合が多くあります。
それでも、企業側が求めているのは圧倒的に経験者です。
転職の場合は、経験者から先に採用が決まると言っても良いと思いますよ。

それでも、本当に未経験者でも採用が決まりやすい職種と言うのはあります。

本当に未経験者でも採用が決まりやすい職種

未経験でも採用が決まりやすい職種と言うのは、

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • 販売職
  • 事務職

この4つは決まりやすい傾向が多くあります。
但し、注意点もあります。
各職種による注意点を知っておかないと、結局は転職を行っても直ぐに嫌になってしまいます。
自分の中で目的をしっかりと持つ事が大切ですよ。

未経験でも営業職への転職が可能な理由

営業職は、未経験でも圧倒的に求人が多い職種となります。
その理由は、サービスを売る人が増えれば売上は伸びると言う単純な考えですね。
確かに間違いなく、人が多ければ多いほど売上を伸ばす事は可能です。
企業には売上と利益が必要です。その中で営業職は一番力を入れる職種ですね。

現在では時代の変化もあり、一昔前は飛び込み営業が主の方法でしたが、様々なツールを活用しての
営業も多くなっております。営業職への考え方も変化させなければならないかもしれません。
営業職は汎用性も高いため、ここでスキルを身に付けるのも良いかもしれませんよ。
更に転職をする時に有利になる場合も多くあります。

未経験でも転職出来るITにエンジニア

ITエンジニアは、経験者も未経験者も多いのが特徴です。
では、なぜ未経験でも転職が可能なのかと言えば、単純に人手不足だからですね。
人員不足は決して環境が悪いから不足している訳ではありません。
現代社会では、それだけ案件数が増加していると言う事です。

新卒採用も積極的に行っております。未経験者を育成してでもエンジニアを育てたいと思っている企業も多いため、環境も整っている会社は多いですよ。

これからIT業界を目指したいと言う方は、始めは育成に力を入れている会社に転職した後に、自分が本当にやりたいIT系へ進むと言うのも良い方法ですね。

販売職が未経験でも転職出来る理由

販売員が未経験でも採用されやすい理由は、こちらもITエンジニア同様に、常に人手不足だからです。
但し、理由が違います。

販売員は

  • 社員の定着率が低い。
  • 休みがバラバラ
  • 長時間労働

この様なデメリットが大きくあります。
販売員と聞くと、イメージする通り飲食店や不動産取引、保険やアパレルなど、一般の方が休みの時でも仕事されているイメージが強いと思います。

確かに、一般の方が休みの時に契約へ着たり、飲食店でも繁忙期になりますね。
印象としては悪い印象を受けるかもしれませんが、圧倒的なメリットもあります。

その圧倒的なメリットと言うのは、短い期間で経営を学ぶ事が出来ると言う事です。

  • シフトにより人件費や人材管理。
  • 在庫などの経費管理。
  • 売上管理。

この様な事を自然と学ぶ事が出来るので、少し勉強するだけで自分の店舗などをPLで分析するという事も可能です。そうすると、一般的な企業のPLもイメージしやすくなりますね。

事務職が未経験でも転職出来る理由。

未経験でも事務職が転職しやすい理由は、オフィスソフトが扱えれれば転職出来るという点が大きくあります。
ただ、事務職の場合は非常に狭き門となっております。
なかなか良い事務職での求人も少ないので、タイムングが必要になりますよ。

転職前から気をつける事

現在は、積極的に転職活動も行える様にと失業給付金も給付制限が2ヶ月と短縮されました。
この背景には、日本を代表する企業でも今後は終身雇用は難しいと発表したからに他なりません。

終身雇用と言っても、

実際には終身雇用=年功序列

この様な問題も抱えております。
今までは、年齢を重ねると給料も上がり人件費が高騰しておりましたが、来年度から大手企業でも実力主義の給料体制にシフトして行きます。

こうなると、益々一社で働き続けると言う事は難しくなって行きますね。
そこで大切な事は、

自分自身の未来をしっかりと考えて、一番最初の就職の段階でキャリアアップをイメージする事です。

そして、汎用性を高める事も大切です。
どうしても夢を叶えたいと考えている方は、

  • 最初から社員はダメでもアルバイトや契約社員から始め経験を積む。
  • 学生であればインターンシップを利用。
  • 未経験で採用されやすい職種から汎用性のあるものを選ぶ。

この方法が一番早いと思います。
いきなり社員雇用は難しくてもアルバイトなどでは採用してくれる所もありましす。
それで経験や実績を積んで社員になったり新しい同じ職種に転職するというのは非常に良い方法です。

独学でスキルだけ先に身に付けてしまう方法もありますよ。

まとめ

転職で未経験大歓迎と書かれていても、必ずしも採用されるとは限りません。
未経験でも採用されやすい職種は

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • 販売職
  • 事務職

この4つとなります。
就職活動を安易な気持ちで行ってしまうと、後に本当にやりたい仕事を見つけた時に遠回りをする結果にもなります。就職活動の段階で、しっかりと将来やりたい事を見据えて就職を行いましょう。

また、どうしても転職をしたい。夢を叶えたいと考えている方は、多少遠回りをしてでも、

  • アルバイトや契約社員から経験を積む。
  • 未経験でも採用されやすい職種から汎用性のあるものを選ぶ。

この様な方法で見つけて行きましょう。
早めに行動を起こした方のが圧倒的に有利です。

タイトルとURLをコピーしました