新生活応援します!リモートワーク・学習でも参考になります!

新生活は始めが肝心です!
最初に手間を惜しむと結局は居心地が悪くなったり買い替えたりと後悔いも繋がります。
順番通りに行えば、問題はありませんよ
インターネット回線や電力会社のプラン変更もこちらから簡単に行えます!

今ならキャンペーン中!

東京オリンピックが中止決定!?本当に開催していいのか?

仕事・情報

東京オリンピックが中止決定!?本当に開催していいのか?

現在、東京オリンピックが開催されるのか中止かと言う議論も絶えない問題となっております。
正直、確固たる形での打ち出しはありませんが、不安に思っている方も多いと思います。
日本政府からの発信では、開催について意欲的ではあるものの実際にはかなり厳しい状況となっております。開催を期待している側から見ると、世界的な祭典でもあるために必ず開催するとお思いの方を多いと思いますが、実際には色々な問題が多く起きてますね。
その大きな問題点としては、

  1. オリンピックとは平和の祭典である事
  2. 選手の問題

この2つが挙がっている様です。日本としては経済的な問題もあるために開催に踏み切りたいと言うのが実情ですが、各国からの延期要請もある様です。

オリンピックは平和の祭典である事

オリンピック自体は平和の祭典です。
世界各国から代表者を募り、4年に一度よりハイレベルな形で競技を競います。
現在は世界的な情勢にてパンデミックとWHOから発せられておりますね。世界各国において現在の状況を考えても、延期自体を求める連絡も来ているとの話を伺います、確かに考えて見て下さい。
本来、世界中で力を合わせて戦わなければならないウイルス、協力し合って対抗しなければならない事に目を背けて開催すると言う事は、考えただけでも本末転倒ではないかと感じます。更に協力的な体制を取ってくれたとしても、どこかで批判の目は絶えないのが実情ではなでしょうか。感染が広がっている国とそうでない国とでは、格差自体も芽生えてしまいますね。

過去にオリンピックが中止となってケースは

・1916年ベルリンオリンピック:第一次世界大戦のため中止
・1940年東京オリンピック  :日中戦争のため中止(代替地:ヘルシンキとなるも中止)
・1944年ロンドンオリンピック:第二次世界大戦のため中止

過去には戦争のため中止となっております。オリンピック自体は巨大なビジネスとなっており、資金を提供するテレビ局やスポンサー企業が多く存在します。開催都市が準備のために投入する経費も桁違いに膨らんでおりますね。主役であるアスリートの社会的な存在感、影響力も比較にならないため、中止どころか延期でも多方面に莫大な影響をもたらしそうです。

選手の問題

この選手の問題と言うのは一番大きな問題とも感じます。
本来はこの時期であれば選考が決まった選手やトレーナーは、滞在地を確認したり本大会へ向けて現地入りを行なっております。しかし、現在の状況としては各国で選考試合が延期されており、代表者自体も決まっていない状態ですね。オリンピックの開催自体は7月24日からとなります。
3月中での選考試合を開催する事は難しいと思います。4月に実施できたとしても決まるのは5月中旬位ですね。ギリギリ2ヶ月です。更に遅くなれば、開催まで1ヶ月で代表が決まると言う形になります。そこからの本大会は、かなり条件的にも厳しいですね。選考試合も開催されるのか曖昧な状況で、選手のモチベーション維持は非常の難しいものがあります。しかも、代表として決まっても本番のオリンピックで良い成績が出せるとは思いませんね。強行的に行なっても、最も記録や盛り上がりにかける大会にも成り兼ねない事実は受け止めなければなりませんね。

世界的な不況

ダウ平均株価含め、世界的な不況となっております。特に円高は深刻でしね。
今までは、世界的な不況に陥った際、円は買われる事で円高となっておりました。これは、円の安心感ですね。日本の信用にも繋がっていた事で、何かあった時には円を買っておけば間違いないと言う法則が、現在は大きく崩れております。同時に、現在投資を行なったいる方は、様子を見るために投資をせずに現物として抑えている事も、円安や市場の落ち込みに大きな拍車が掛かっているとも言われております。東京オリンピックの開催、更には開催後の成功を達成しなければ日本経済自体も大きな復活には繋がりにくいと予想しますね。条件としては、かなり厳しい状況となります。過去の例を見ても、

金融危機の時は、「円高・株安」
景気回復の時は、「円安・株高」

と言うのが法的式でしたが、現在は「円安・株安」と言う最悪の状態を招いております。

まとめ

オリンピック開催には色々な憶測がありますが、正直申し上げると強行で開催しても大きなメリットに繋がり難いと言うのが本音です、しかも、開催後の状況如何でも大きな影響を及ぼす恐れは否定できません。日本が、秋に掛けて円安の修正や経済状況の回復は非常に厳しい局面を迎えていると言うのが本音ですね。
現在、働き方であったり雇用体系でも大きな問題視も増えており、ここからの変化から厳しさとチャンスと大きな局面を迎えます。新しい事に関しては、アンテナを貼りながら対応して行きましょう。ここから半年は勝負ところです。

タイトルとURLをコピーしました