新生活応援します!リモートワーク・学習でも参考になります!

新生活は始めが肝心です!
最初に手間を惜しむと結局は居心地が悪くなったり買い替えたりと後悔いも繋がります。
順番通りに行えば、問題はありませんよ
インターネット回線や電力会社のプラン変更もこちらから簡単に行えます!

今ならキャンペーン中!

携帯電話新ルール

仕事・情報

携帯電話新ルール

いよいよiphone11の発売ですね。携帯電話新ルールも発表され期待をされている方や、これを機会に機種変更もしようとしている方も多いのではないでしょうか。
携帯電話の新ルール、料金プランを3大キャリアの発表も出揃いました。選択の間違いな無い様にしたいですね。

新ルール変更の詳細

2019年10月より、携帯電話の新ルールが適用となります。では、どの様なルールに変わったのかと言うと、総務省から

1.利用者の囲い込みの規制

●2年契約の違約金を最大1,000円に規制
●違約金なしの2年契約としない場合、料金を高くする場合は最大月170円に規制
●長期利用者への値引きやポイント付与に上限

まずは、囲い込みの規制ですね。上記の3つに加え違約金が無くなると毎月の料金が高くなる可能性が出てきます。これも、上乗せ料金は最大月に170円となりますよ。

2.端末値引きに上限を設ける

●通信の継続利用が条件の端末値引の禁止
●いつでも解約できる通信契約の場合は端末割引2万円以内
●在庫処分時は値引き幅の拡大が可能

端末の値引きは、大きく規制をい受けて、今後2万円以内となりますね。
端末の値引き規制と通信料金の規制を行う事で、今後価格競争をさせる事でまずます価格を下げる事が目的と言われております。何か、ポイントでの値引きが付いてきそうな気がしますが・・・

3.その他

●利用者が約100万人以下の格安スマホ会社は規制対象外
●スマホは今秋から規制
●ガラケーやタブレットは令和2年1月に規制適用
●市場が健全化すれば端末値引き制限等、撤廃

3番は、大手キャリアが規制の対象である事を見ても、今後新規参入がし易い環境を創る事で、更に価格競争に持ち込む事が狙いと感じます。

【2019年】乗り換え者続出中!「格安SIM」おすすめランキング!

まとめ

今回の規制は、高すぎる携帯通話料金から、複数年契約の大手各社の規制を外し、新規参入を狙う事で価格競争へ持ち込む事が狙いです。まだまだ、各社の動きとしては様子見の所もありますが、来年の5G対応を狙った価格帯を安くする事で、競争からの発展を狙いにしている事が容易に判断が付きます。今後もこの流れは注目ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました