今流行りの “RPA” 導入で失敗しないための注意点

「RPA」が流行っていますね。
「RPA」とは、ロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉です。
人間が行う業務の処理手順を操作画面上から登録しておくだけで、ソフトウェアはおろか、ブラウザやクラウドなどさまざまなアプリケーションを横断して処理します。人手不足が深刻化する日本において、「救世主」のような存在として注目されています。

新聞やニュースでも毎日のように取り上げられています。

大手企業を中心にドンドン導入が進んでいますが、人手不足は中小企業にとっても緊急の課題ですから、中小企業への導入も進みつつあります。
しかし、中小企業におけるRPAの導入に関しては、以下のような失敗事例も多いようですね。

・何でもできると思って導入したのに、思ったほど使えなかった・・・
・専門知識が必要ないということで導入したのに、
 やっぱりそれなりの知識が必要だった・・・
・導入してみると、エラーも多く、なかなかうまく運用できていない・・・

だからといって、RPAの活用を諦めるのはもったいないです。RPAが中小企業の人手不足解決の有効な手段であることは間違いありませんから。
そこで今回は、RPA導入で失敗しないために注意したいことをお伝えします。

(1)RPAに期待し過ぎない
RPAは、単純作業を人に変わって、ロボットが代行で操作するものです。RPA=AI(人工知能)と思っている方もいらっしゃるようですが、今のRPAはそこまで高度なことはできません。
また、紙があるとRPAの導入が一気に難しくなります。紙の情報をデジタルデータにするOCRを使えば、できないことはありませんが、文字の認識率が100%ではないため結局は人のチェックが必要になってしまう点と、導入コストが高い点がネックになります。
また、人間の判断が必要な業務も難しいです。
RPAに適した業務とは、繰り返し発生する単純作業や、処理方法や判断ルールが明確な作業になります。
RPAに対して過度な期待をせずに、今の業務を整理し、なるべく人間の判断がなくても処理できるような業務フローを作ることがポイントです。

(2)導入前に効果を試算する
流行っているから、話題になっているからといって、いきなり飛びつかずに、しっかりと投資対効果を見極める必要があります。

私も今、フリーソフトで練習しておりますが、セミナーも豊富に開催されております。是非、チャレンジしましょう!

タイトルとURLをコピーしました