PayPayボーナスの解説と運用方法の説明

経済圏・情報・節約術
この記事は約2分で読めます。

PayPayボーナスの解説と運用方法の説明

PayPayは普及率も高くなっておりますね。

その中でもPayPayボーナスは、

 

  • PayPay証券でポイントを活用した投資運用サービス
  • 1円からでも投資が可能。
  • いつでも出し入れ可能。
  • スタンダードとチャレンジの2種類

これが特徴です。

 

  • コースの特徴
  • 運用方法はどうしたら良いの?

これについて解説します。

コースの特徴

コースの特徴は、

スタンダードコースは

  • 変動が少なく長期投資向け
  • ローリスクローリターン

が特徴です。
チャレンジコースの特徴は、

  • 変動が3倍であるため短期運用向け
  • ハイリスク・ハイリターン

となります。

運用方法はどれがおすすめか?

スタンダードコースとチャレンジコースの違いは、レバレッジをかけるかどうかですね。

スタンダードコースでは、SPDR(スパイダー)SP500ETFのファンドに投資を行います。
SP500ETFは、米国を代表する500社で形成する上場投資信託ですね。

チャレンジコースでは、DIREXION(ディレクション)SP500 3Xと呼ばれるディレクション社が
運営するレバレッジ商品です。3倍の価格幅を得られることが特徴です。

SP500が10%上昇すれば、30%分の上昇を得られ、10%下がれば30%の下落となります。

どちらの方がお得かというと、実際に現金で投資を行うのと少し違うため、ポイントを使っての投資であれば3倍を目指したいですね。

チャレンジコースがおすすめの理由

どちらも手数料は無料となります。
投資の世界では、レバレッジ取引を行うと高額な手数料が発生します。
この手数料の高さが、大きなリターンを得ても大きな利益につながらない要因の一つにもなっております。
PayPayボーナスでは、手数料が掛かりません。

ポイント投資であるため、直接資金に影響を及ぼさないので、強気に攻めましょう。

まとめ

PayPayボーナスは、ポイントを活用した投資方法となります。

投資のコースは2種類

  • スタンダードコース
  • チャレンジコース

の2種類です。
スタンダードコースはローリスク・ローリターン、チャレンジコースはハイリスク・ハイリターンとなります。

ポイントでの投資であるため、ここはリスクを取ってチャレンジコースで投資を行いましょう。
良ければ、3倍の期待が持てますよ。

自動投資機能もあるため、有効に活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました