超科学的に転職を行う

人生のチャンスを掴み取ろう!

転職エージェントDODAはこちら▶▶▶

Docomo経済圏!d払いとID払いの違いを解説します!

経済圏・情報・節約術

Docomo経済圏!d払いとID払いの違いを解説します!

Docomoは、スマホ市場でも大きなシェアを誇っております。
ユーザーが多い分、スマホ決済も多くなりますね。

Docomoのd払いと楽天PayやPayPayなど、アプリを入れて使い分けているひとも多いのではないでしょうか。
Docomo経済圏であるd払いとID払いを使い分けて、ポイントをお得に取得しましょう。

  • d払いとID払いの違い
  • お得な使い方

を説明します。

d払いとはどんなもの?

d払いは、Docomoが提供するスマホ決済のキャッシュレスサービスです。
d払いを使うためには、専用のアプリをダウンロードする必要があります。

特徴としては、クレジットカードが無くても利用でき、

支払い方法は、

 

  • 電話料金合算払い
  • ドコモ口座払い
  • dポイント払い
  • クレジットカード払い

に対応しております。

電源は、スマホのキャッシュレス払いになるため、通信状態がよいところでないと使えません。

dポイントの還元率は、

  • ネット利用1,0%
  • 店頭利用0,5%

となっております。

ID払い払いはどんなもの?

IID払い払いは、レジにかざして支払をする電子マネー決済です。

特徴としては、電子払いであるために電源が入っていなくても支払をすることができます。
但し、iPhoneの場合は、認証が必要になるため、電源が入っている必要がありますよ。

支払は、クレジットカードでの後払いとなります。

ポイント還元率は、キャンペーンなどのプログラムがないため、
登録したカードやサービスでのいポイント還元のみとなっております。

歴史が長いため、利用できる店舗数が多いことが特徴ですね。
全国で 121万店を超える店舗で利用出来ますよ。

dポイントでお得な使い方

dポイントの効果的な獲得方法は、d払いでdカードなどの還元率も使う場合ですね。

d払いで、ネットでは1.0%、店頭では0,5Pのポイントを貯めて、dカードで1,0%も還元を受ける方法です。
これだと、1.5%〜2,0%のポイントを受けることが出来ますよ。

まとめ

d払いとID払いの違いは、

  • d払いはスマホ決済のキャッシュレスサービス
  • ID払いは電子マネーサービス

ですね。

d払いは、dカードと組み合わせることでポイントの2重取りも可能です。
IDの払いは、登録したクレジットカードの還元率のみとなります。

d払いは、支払い方法も電話料金合算など、その場で手持ちが無くても支払をすることができます。
IDの払いは、加盟店が多いため利用できる範囲が広いことも特徴です。

タイトルとURLをコピーしました