ビットコインが暴落!こんな時ほど冷静になりましょう。

暗号資産(仮想通貨)
この記事は約4分で読めます。

ビットコインが暴落!こんな時ほど冷静になりましょう。

ビットコインの大暴落がありました。
日本の取引所だけでなく、海外の取引所でも一時アクセス出来ないほどの取引が集中。
結果として大きく下げることになりましたね。
こんな時ほど冷静になることが必要です。
暗号資産の世界では、このような暴落は稀に起きます。

今回のような30%から50%の下落は、直近ですとコロナショックのときですね。
今回も、同等クラスでは落ち込みを見せております。

その他でも、2017年にも同じような暴落を見せております。

時折見せる暴落ですが、このような時は

  • なぜ今まで上がっていたのか。
  • 投資していたコインの本当の価値は?
  • 自分が投資を行った理由は?

このようなことは冷静に考えることが必要ですよ。

始めて経験するひとは、資金が大きく目減りするため焦って売ってしまうこともあるかもしれませんが、今後はどのような形になるのかわかりません。

授業料だと思って冷静に見つめ直しましょう。

暴落が始まると起こること

暴落が始まり、今回のようなロスカットが大量発生をすると、大きな損失を抱えてしまうひとは多く見えられますが、ミーハーのような基礎知識のないかたは、離れていってしまいます。

一見、市場規模が縮小されると思いますが、やはり大きく離れるのは価値が低い通貨が下がりますね。
というより、価値をしっかりと提供出来ている通貨は、最終的には価格が戻って行きます。

価値が低い通貨は、下がりっぱなしの状態からあまり戻さずに揉み合いの状態になって行きます。

この期間に、基礎的な知識をしっかりと学ぶことは非常に大切ですよ。
誰でも、失敗をしないで成長をしたひとはいません。

株式市場でも同じですね。
株の世界でも震災など、大きな災害が発生したときには、落ちる銘柄も上がる銘柄も決まっております。
ここを知っている方に取っては、チャンスとして買い入れることも出来ます。

暗号資産の世界でも、同じようなことが言えますね。
これから、どのような形でも戻っているのかを見ていると、次に同じことが起きたときにはチャンスとしての行動を取ることができるようになります。

一つづつ積み上げて行きましょう。

ビットコインは、今後どうなる?

暗号資産で最も注目されているのは、ビットコインが今後どうなるのか?ということではないでしょうか。
価格差で考えると、19日に一時30,000ドルまで落ち込んでおります。

下げ幅で考えると1ヶ月の間に50%の落ち込みになりますね。

要因は沢山ありますが、まだ落ちる可能性は持っているものの、少しづつ上げては行くだろう。
という印象です。

昔から言われていることに、投資には金と不動産が効果的と言われているのは

 

  • 総量が決まっている。
  • 形を変えることで価値を提供できる。

このような理由からです。
金のメリットは、総発掘量も決まっております。更に、熱にも強く形を変えてしまいますが、無くなってしまう訳ではありません。更に装飾を行うこともできます。何かあった時には、その場で換金できるのも金の特徴です。

不動産も、土地が一番いいと言われておりますね。
土地も金と同じように、資源としては限られております。いろんな開発で、土地に価値をつけることもできます。駐車場にしたり、畑にしてかしたり自由です。

この考えからも、はやり一番期待が持てるのはビットコインが戻してくる可能性はと感じます。
企業がどのような形で動くのかが、気になりますね。

まとめ

暗号資産が、全体的に大暴落を見せました。
このような時こそ、基礎知識をもう一度しっかりと見直すことが必要です。

  • なぜ今まで上がっていたのか。
  • 投資していたコインの本当の価値は?
  • 自分が投資を行った理由は?

しっかりと考えて、次に同じことが起きたときには対策が取れるようにしておきましょう。

投資は自己責任です。
暗号資産に限らず、投資の基礎知識を高めておくと、今回のようなことが起きたときにチャンスに変わりますよ。

タイトルとURLをコピーしました