新生活応援します!

新しく新天地で仕事!期待に膨らむ春の季節!
引っ越しから新生活スタートまでのガイドライン!

始めてのかたでも安心です。

暗号資産BATは次世代ブラウザBraveで表示を高速化させる!

仮想通貨

暗号資産BATは次世代ブラウザBraveで表示を高速化させる!

暗号資産BATの人気が高まっております。
BATはベーシックアテンショントークンの略でBasic Attention Tokenの頭文字を取ってBATと呼ばれています。

BATは、日本の取引所

  • GMOコイン
  • ビットフライヤー
  • コインチェック
  • ビットバンク

でも取り扱っているため、比較的身近な暗号資産です。
このBATですが、意外と実用性が高いことをご存じでしょうか。

BATは、webブラウザのBraveで利用される独自トークンです。
特に、現在抱える問題点のインターネット広告の問題解決を目指しております。
トークンタイプはERC2.0のイーサリアムベースです。

これだけでも一つ安心感がありますね。
しかも、審査の厳しい日本で上場しているのも安心感を高めている要因の一つです。

人気が高まっている理由は、更に当初0,64円で発行されたトークンが、現在では133円を超えている点です。

約20,700%(207倍)ですね。

このBATはどの様な形で運用されているのかを解説します。

BAT優れている理由

BATは、インターネットWEBブラウザBraveで利用されるトークンです。
特にインターネット広告の問題点を解決するために寄与するトークンですよ。

インターネット広告での問題点は、

  • ページは開かない。
  • ページが重い。

この様な問題点は良くあります。

そこで、Braveというブラウザを利用し表示する広告に制限をすることで表示スピードをアップさせることが出来るのがBATの大きなメリットの一つです。

更に、広告を表示した場合、広告を閲覧した分だけユーザーが収益を受け取る事が出来ます。

ただ、収益には分配があります。

  • 媒体社:55%
  • Brave :15%
  • 広告代理店:15%
  • ユーザー:15%

となっております。
今までは、アドセンスなど広告元がすべて収益として受け取っておりましたが、
その15%でもユーザーに還元されるのは嬉しいですね。

Braveは日本語にも対応しております。ダウンロードして使うことも出来ますよ。

このブラウザによる個人情報の取得は、大きな社会問題にもなっています。
Braveを利用することで、広告をブロックすることも可能になりますし、表示したいものを選ぶことも可能になります。そこから収益も得られるのですよ。
これからも注目のブラウザですね。

ユーザー数も月間約1,400万人と増え続けております。

まとめ

暗号資産BATの人気が高まっております。

BATは、次世代ブラウザBraveで利用されるエコノミートークンです。

次世代通信のBraveは、現在問題となっている広告を規制して表示スピードを上げることや、広告を表示した場合に収益を得られる様にするトークンになります。

WEBブラウザでは、Cookieなどの個人情報に関して現在問題ともなっています。

これからも注目度は高まりますよ。

braveの公式サイト ダウンロードはこちら

タイトルとURLをコピーしました