楽天モバイル 対応機種から すべて解説!

楽天モバイル、今なら1年間無料!解約も自由です。
各社が新料金プランを発表しておりますが、乗り換えまでは楽天で待ちましょう!

無料登録の開設はこちらです。

ステーブルコインの注意点!Tether(テザー)は時価総額3位!

仮想通貨

ステーブルコインの注意点!Tether(テザー)は時価総額3位!

ステーブルコインは、法定通貨と連動したコインになりますね。
ステーブルコインで一番時価総額が高いのは、$と連動しているTether(テザー)です。

テザーは、$と連動しているため、その価値は1Tether(テザー)は1$ですね。

ステーブルコインの特徴は、法定通貨と連動していることと、中央集権で管理されていることが特徴です。
中央集権で管理を行う理由については、価格変動が起きても困る訳なので、法定通貨と同様にほしい方へは、新しく発行することも大切です。
更に、誰かから誰かに高額で取引を行われてしまっても困ってしまいます。

ただ、少し勝手も違いますので、メリットとデメリットは抑えて置きましょう。

ステーブルコインのデメリット。

ステーブルコインでのデメリットは、中央集権型で管理されていることです。
中央集権で管理をされていると言う事は、ハッキングなどの被害を受ける可能性もあります。
サーバーダウンなどは、直接影響を受けてしまいます。

さらに、もし管理をやめて発行及び継続も行わないと決めてしまうと、通貨そのものが無くなってしまいます。これが、中央集権型でのデメリットです。

考え方によっては、+になることも考えられます。

ステーブルコインは、法定通貨と連動しておりますが、
もし、ステーブルコインの信用が失われたらどうなるのでしょうか。

これは、信用が失われて、1Tether(テザー)が0.7$になったとします。
もし、Tether(テザー)を担保に$を借りていても、$自体の価値が下がっているため、

例えば、

50,000$で50,000Tether(テザー)借りていました。
信用が崩れたことで、50,000Tether(テザー)を買い戻るためには、35,000$で買い戻ることができてしまいます。

トラブルになるとは思いますが、決して仮想通貨では考えられないことではありません。
今現在は、この問題も含め、分散型のステーブルコインであるDAIの人気が高まっています。

これからも仮想通貨の世界では、様々な通貨が出てきますよよ。

時価総額の高い暗号資産は、

  1. Bitcoin
  2. イーサリアム(ETH)
  3. Tether(テザー)
  4. リップル(XRP)
  5. カルダノ(ADA)
  6. ポルカドット(DOT)
  7. Binanceコイン(BNB)

この様な流れを見ても、Tether(テザー)はステーブルコインでも非常に健闘しております。
その他の時価総額の高い暗号資産は、やはり用途が明確になっていますね。

これからの時代の流れもよく知ることが出来るのではないでしょうか。

まとめ

ステーブルコインは、法定通貨と連動したコインになりますが、
時価総額3位のTether(テザー)は、非常に健闘しております。

ステーブルコインの特徴は、中央集権型になります。

現在では、分散型のステーブルコインDAIも出てきておりますが、

中央集権型のデメリットは、

  • ハッキングに弱い。
  • サーバーダウンはモロに影響。
  • 管理もとが管理をためると価値が無くなる。

このようなデメリットもあります。
ステーブルコインは、発行自体も厳しいため、その価値が大きく変わることはないと感じておりますが、どうなんでしょう。

最近での時価総額の移り変わりも見ても、仕組みやシステムとしてしっかりと認知度が高まっているコインが上昇しておりますね。

これからも暗号資産には注目です。

タイトルとURLをコピーしました