楽天モバイル 対応機種から すべて解説!

楽天モバイル、今なら1年間無料!解約も自由です。
各社が新料金プランを発表しておりますが、乗り換えまでは楽天で待ちましょう!

無料登録の開設はこちらです。

Bitcoinが上昇している理由!テスラ社の購入だけではありません。

Bitcoinが上昇している理由!テスラ社の購入だけではありません。

Bitcoinが大きく上昇を見せております。
2020年から、マイクロストラテジー社のBitcoin購入を筆頭に、大手企業の参入も大きな理由にはなりますが、根本的に最近の暗号資産への関心や上昇は、その技術そのものが評価されてきたと言うのが大きな印象です。

特に上昇を見せているBitcoinやイーサリアム(ETH)、
更にアルトコインからはポルカドット、カルダノなどは、その仕組そのものが高く評価され、安心感にも繋がっていますね。

1. 安心感
2. 金融緩和の動き
3. 需要の上昇

この3つがポイントとなっております。

○安心感

安心感は、リップル(XRP)のSEC(米証券取引委員会)による提訴を受け、既にBitcoinやイーサリアムでのETHに関しては、既に有価証券に該当しないと発表されていることが大きく影響をしております。

その理由にも中央集権制が上げられておりますが、既に認められているものであれば、これ以上の安心感はありません。DeFiなどの人気も、イーサリアム内で作られた分散型金融であるため、人気がある理由も頷けますね。

○金融緩和の動き

大手企業が資産やバランスシートにまでBitcoinを組み入れ出したのも、世界的な経済の動きを見ての判断です。現在、株価自体は大きく上昇を見せておりますが、これは紙幣を供給しているために起きていることと変わりはありません。
時期が来た時には、円や基軸通貨であるドルやユーロの下落も予想して、今の内に資産として価値が明確になりつつあるデジタル・ゴールドのBitcoinへ投資を行うというのが考えになります。

これから、更に企業が持つかどうかは、環境面からも非常に判断には迷うところです。
環境面は、電気使用量というよりも、電気を作るために発電している場所や方法に大きな問題もあります。

マイニングによる電気使用量自体は、米国が年間にロスしている使用量と変わりありませんが、マイニング報酬を受取ることで利益を出そうとした場合、地域が限られてきます。

その限られた地域では、電気を発電するためにの石灰火力発電が問題視されております。
CO2の温暖化の影響ですね。
これからもこの問題については注目です。

○需要面の上昇

需要面の上昇は、Bitcoinの発掘における半減期を迎え、マイニングによる発掘量が減ったことで、浮遊しているBitcoin自体が減少しているのではないかとも言われております。

さらに、企業が購入を進めているとなると価格は上がり続けますね。
この需要が上昇していることと供給量が一度では半数になっている点も大きな理由の一つですよ。

タイトルとURLをコピーしました