楽天モバイル 対応機種から すべて解説!

楽天モバイル、今なら1年間無料!解約も自由です。
各社が新料金プランを発表しておりますが、乗り換えまでは楽天で待ちましょう!

無料登録の開設はこちらです。

Tezos(テゾス)を解説!暗号資産は内容が重要です。

仮想通貨

Tezos(テゾス)を解説!暗号資産は内容が重要です。

日本の取引所でもコインチェックのEngineコイン、少し前はIOSTなど新しい暗号資産が上場を続けております。

実際には、海外の取引所では上場しているために、全く新しい暗号資産と言う訳ではありません。

日本に上場すると安心感から絶対に大丈夫と思われがちですが、少し違いますよ。
暗号資産である以上、絶対に大丈夫ということはありません。

少なからずリスクを回避するためには、パッケージの中身を良く理解して置くことが大切です。

ここで、日本に上場している暗号通貨でTezos(テゾス)がありますが、何のプラットフォームか理解していますか?

繰り返しになりますが、暗号資産を扱うために大切なことは、

何を提供しているサービスなのかを知ることが大切です。

一昔前は、資産としての投資、価格の上下でキャピタル投資が第一でしたが、現在は暗号資産でも内容が重要視されております。

その理由が、安心感を得るためにサービスとしての充実です。

 

イーサリアムは、DiFiなどの分散型金融で認知度も上がり、結果として安心感へも繋がっておりますね。

Tezos(テゾス)は、イーサリアムほどの規模はりませんが、スマーとコントラストを実装したパッケージプランです。

現在でも、数百種類のパッケージは用意されておりますよ。

Tezos(テゾス)の特徴

Tezos(テゾス)もイーサリアムと同様に、スマーとコントラストを実装したブロックチェーンプラットフォームです。

開発でも

  1. WEB3.0を目指している。
  2. 安全性は高い。
  3. プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用。

この3つが大きな特徴です。

様々なパッケージとしてのアプリも用意されておりますが、イーサリアムほどの認知度はありません。

分散型金融で知名度の高いイーサリアムに対して、PoSを採用しているため、Tezos(テゾス)ではステーキングで少なからず実績を残しております。

ステーキングとは、持っているコインを相手に預けて利息を得るという方法ですね。

しかし、問題点もあります。

Tezos(テゾス)は、開発のスピードとしては遅く、あまり進んでおりません。
イーサリアムやカルダノなどの開発と比べると、1/100程度となっております。

開発があまりない状況だと、結局使われずに他の暗号資産やプラットフォームへ流れていって
しまうということも考えられます。

かなり深刻な問題ですね。

この様に、暗号資産では内容というのが非常に重要です。

現在はWEB3.0の世界でブロックチェーン技術を活かして開発を進めている暗号資産は多くあります。
新しく出来る暗号資産も多くありますが、無くなってしまう暗号資産も多くなります。

しっかりとシステムを理解して投資は行う様にしましょう。

暗号通貨での用語解説参考は こちら

まとめ

Tezos(テゾス)は、

  1. WEB3.0を目指している。
  2. 安全性は高い。
  3. プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用。

この3つを特徴として次世代のプラットフォームを目指して開発しています。

ただ、現在での問題点としては

イーサリアムやカルダノの比べ1/100位のは開発レベルとなっております。

まだまだこれから注目はされて来るとも予想されますが、このまま遅れを取ってしまうと少し問題ですね。他の暗号資産へ流れていっていまいますよ。

タイトルとURLをコピーしました