楽天モバイル 対応機種から すべて解説!

楽天モバイル、今なら1年間無料!解約も自由です。
各社が新料金プランを発表しておりますが、乗り換えまでは楽天で待ちましょう!

無料登録の開設はこちらです。

Bitstampがリップル(XRP)の取引停止を発表!

仮想通貨

,Bitstampがリップル(XRP)の取引停止を発表!

仮想通貨取引所のBitstampが、来年1月8日から米国居住者に対してXRPの取引及び入金サービスを停止する。

と発表しました。

米SECがリップルを提訴した後、今後のことを考えて早めの対応を行って来ましたね。ここ数日、Bitcoinの価格が大きく上昇しておりますが、これからどうなるのでしょうか。

新しい投資先としては楽しみな投資にもなりますね。

リップルの今後はどうなるのか?

やはり、一番の注目はリップル(XRP)が今後どうなるのか?

ということです。

現在、米SECに提訴が始まっております。

リップル社(XRP)は全面的に戦う姿勢を示しておりますが、
もし裁判所がXRPを有価証券として認めら場合には、

  • 罰金を支払うことになる。
  • 今後、リップル社はXRPの販売が出来なくなる。
  • アメリカの暗号資産取引所から上場廃止になる。

この3つが大きなデメリットとなります。

当然ですが、リップル(XRP)をBitcoinなどの暗号通貨でのブリッジ通貨としても使用できなくなりますね。

このリップル(XRP)の問題は、現在暗号通貨の世界では大きく注目されております。

リップル(XRP)提訴問題が暗号通貨の世界で注目されている理由

リップル(XRP)の問題が暗号通貨の世界で注目されている理由は、

もし裁判所で有価証券として認めた場合、同じシステムのすべての通貨が有価証券になるということです。

Bitcoinは、すでに米SECで有価証券ではないと認めております。

その理由は、通貨の発行が分散化されているからですね。機械があれば誰にでもマイニングに参加することができます。結果として、誰でも新しく発行されるコインを獲得出来るチャンスがあります。

一方で、XRPは始めにすべてのコインが発行されます。
リップル社が管理をしながら企業や投資家に販売しているのが大きな違いですね。

この分散型か中央集権型かで大きな差が出ていますよ。

中央集権型のデメリット

中央集権型のデメリットと言うのは、創業者が大きな利益を得てしまうという点です。
リップル社の創業者は多くのXRPを保有しております。

勿論、それを価格が上昇してから個人投資家へ売却を行えば多額な利益を得ることが出来ますね。今回、米SECが提訴をした理由にも、この創業者の利益が大きく影響をしているとも言われております。数百億という利益を得たそうですよ。

まとめ

Bitstampが1月8日から米居住者に対してのXRPの取引と入出金サービスを停止すると発表しました。

これには考え方によっては中央集権型による個人の利益を抑止する動きもあるのかもしれませんね。

特にリップル社の創業者には多額のリップル(XRP)保有者が見えられます。
今まで通りに取引が出来る状態で合った場合、XRP自体の暴落にも繋がり兼ねません。

これを避けるためにも、今後裁判が長引くと考えた場合には賢明な処置かもしれませんね。

今回の提訴では、他のアルトコインにも大きく影響をします。
今後の動きにも注目ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました