楽天モバイル 対応機種から すべて解説!

楽天モバイル、今なら1年間無料!解約も自由です。
各社が新料金プランを発表しておりますが、乗り換えまでは楽天で待ちましょう!

無料登録の開設はこちらです。

仮想通貨取引は初心者でも始められます。最低限おさえる知識を紹介!

仮想通貨

仮想通貨取引は初心者でも始められます。最低限おさえる知識を紹介!

仮想通貨市場は現在盛り上がるを見せておりますね。

ビットコインは過去最高値を更新しております。
その他にもリップル(XRP)も更新しました。

現在、仮想通貨が盛り上がっている要因は、市場の移り変わりも沢山あります。

  1. PayPalがビットコインを取引で使える様に発表
  2. 機関投資家が参入。
  3. 大型企業が参入。

この3つが高騰している大きな要因となりますが、注目が高まっていることで新しく仮想通貨取引を始めて見ようと考えているひとも多く見えられます。

新しく始めようと考えているひとで、

  • 仮想通貨取引を行う取引所
  • 取引方法の種類。
  • 知って置きたい仮想通貨4選

この3つを抑えると、基本的な知識は全てわかります。

 

一つづつ解説して行きましょう。

仮想通貨取引所

仮想通貨取引所は、仮想通貨の取引を行う場所ですね。

口座を開き、お金を入金することで仮想通貨取引を行うことが出来ます。

 

どの口座が一番良いのかな?

と迷われる方も多く見えられますが、結論としてはどこでも良いというのが本音です。
ただ、どこでも良いと言っても、どこでも同じというのとでは少し違います。

仮想通貨の取引所は、どこか一つというよりも3つの口座を開設して、自分が行いたい投資の仕方に合わせて使い分けた方が良いですね。

開設する口座は、

この3つをおすすめします。

この後、取引方法の種類を紹介したあとで、3つの取引所の特徴も紹介しましょう。

取引方法の種類

取引方法の種類には、大きく分けて3つあります。

  • 販売所での取引
  • 取引所での取引
  • レバレッジ取引

この3つです。

口座をひらいてメニュー画面を見ると、販売所と取引所というメニューがありますね。

 

取引所では、新規で会社から仮想通貨を購入する形になります。
取引所では、仮想通貨を売りたいひとと買いたいひとをマッチアップする場所ですね。

価格面では、取引所で購入をした方のが安く手に入れることが出来ますよ。

 

絶対に取引所で購入する様にしましょう。

レバレッジ取引は、FXなどと同じです。
少しの掛け金で大きな金額を扱える特徴がありますが、リスクも大きくなるため
あまりおすすめはできません。

では、口座を3つ作る理由は、

  • 取り扱う仮想通貨の種類
  • 取引所で取り扱う仮想通貨の種類
  • レバレッジ取引で取り扱う種類

この3つが理由で口座を3種類作って、使い分けた方が良いということです。
最終的に、自分に合った投資の仕方が身についたら、一つで運用をするのも良いですね。

3つの特徴は

  • ビットフライヤーは販売所での取扱種類が多い。
  • コインチェックは、取引所での取扱種類が多い。
  • ビットバンクはレバレッジ取引向き。

この様な特徴があります。

 

ビットフライヤーは、販売所での取扱種類ならいらないのでは?

と思われるかもしれませんが、Tポイントでビットコインを購入できるため、ビットコインの取扱では有利です。

 

ここを知っておくだけでも違いますね。

知っておきたい仮想通貨4選

仮想通貨自体は、何千種類もあります。

その中でも、絶対に知っておいた方が良い仮想通貨は、

  • ビットコイン
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)

この4種類です。

ビットコインは、一番最初に出来た仮想通貨ですね。
一番最初に出来ただけに、最も軸となる基軸通貨にもなっています。

続いて、
イーサリアム(ETH)は、イーサリアム自体が通貨という訳ではありません。
イーサリアムというのは、サービスを展開する一つのサービスプラットフォームです。
そこで使用される通貨がETHです。

簡単にいうとLINEやLINE Payの関係と同じですね。

イーサリアム(ETH)を詳しく知りたいひとは こちら

リップル(XRP)もイーサリアムと同じ形です。
リップルというプラットフォームで使う通貨がXRPですね。
リップル(XRP)が急騰を見せた理由は、フレアネットワークからのSparkトークン付与が大きな理由です。

リップル(XRP)を詳しく知りたいひとは こちら

XRPを持っているひとに対して、同じ1:1でフレアネットワークが発行するSparkトークンが貰えるために人気が出たということですね。

仮想通貨が新しくできる時、価値自体はどの様になるか分かりません。しかし、使って貰わない限り価値を図ることも出来ません。この様な形で付与されるという仕組みは、意外と多くあるのですよ。

ネムも同じです。ネムのプラットフォームで使う通貨がXEMです。
ネムも現在人気が高まっております。
その理由は、2021年1月14日に新しくアップデートされたSymbol(シンボル)を受け取ることができるからですね。

ネム(XEM)を詳しく知りたい方は こちら

ビットコイン以外は、プラットフォームとそこで使う通貨という考えで、ほぼ間違いないですよ。

ビットコイン意外の仮想通貨はアルトコインとも言われます。
こちたも覚えて置きましょう。

まとめ

仮想通貨を取引をおこなうためには、自分にあった取引口座の特徴を知ることが大切です。

取引口座と特徴は、

この3点ですね。
知って置きたい仮想通貨の種類は

  • ビットコイン
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)

この4つが時価総額も高く基本的な通貨になるのではないでしょうか。

ここから仮想通貨の入り口として知識を高めましょう!

タイトルとURLをコピーしました