WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

新卒者が失敗しない名刺の受け渡し方法!

ビジネスマナー

新卒者が失敗しない名刺の受け渡し方法!

会社に入社し、取引会社に行く事になりました。
取引先で一番始めに行う事は、名刺の受け渡しです。

そう言えば、

  • 名刺の受け渡し自体を学んだ事はないなぁ〜
  • 先輩のを見て学んだだけなので、マナーまでは知らない。

この様な方と言うのは非常に多いのです。

名刺の受け渡しは、一つの作法や礼儀として覚えて置きましょう。

この名刺の受け渡しは、基本的な動作と定形の挨拶文だけ抑えておけば、誰でも出来る様になります。

ポイントは、

  • 会社名など名前を添えて挨拶を行う。
  • 交換の方法、先に渡すのか受け取るのか。
  • 名刺の置き方
  • 名刺の収め方

この4つを抑えて置きましょう。
一番最初に行う事は、しっかりと挨拶を行う事ですよ。

最初にしっかりと挨拶を行いましょう!

名刺をお渡しする時は、

  • 会社名
  • 自分の名前

をしっかりと相手の目を見て伝えながら渡しましょう。

良くある過ちは、名前を言いながら渡してしまうと言う事です。
決して、相手が不快になる訳ではありませんが、名刺を渡しながら名前を言ってしまうと、意識が名刺の受け取りに集中してしまうため、名前を聞き忘れてしまいます。

まずは、名前を覚えてもらう事が大切です。

名前をしっかりと伝えてから、名刺をお渡しする様にしましょう。

名刺交換をした方は感じているかもしれませんが、名刺自体あまり見る機会はありません。その後の連絡先で登録した後は、全くと言ってよいほど見ないでしょう。
いつも名刺交換をしている様な方は、名刺だけでも年間に数千枚と交換を行います。
その中で、あなたの名刺を覚えている確率は非常に少ないです。

しっかりと名前を相手に伝えて、名前を覚えてもらう様にした方が印象に残りますよ。

名刺交換は先に受け取るのか、先に渡すのか。

基本的には、

  • こちらから赴いた時には先に渡す。
  • 相手から訪ねて来てくれた時には、後から渡す。

これが基本です。

 

名刺の置き方

複数名と名刺交換を行いテーブルで打ち合わせを行う場合は、テーブルの上に相手の方がわかる様な順番配置で置きましょう。

例えば、左側に田中様、右側に鈴木様が着座されたら、
左側に田中様の名刺、右側に鈴木様の名刺を置いて名前を間違えない様にしましょう。さらに、難しい漢字のお名前は、

「〇〇とお読みする形で宜しかったでしょうか。」

と確認する様にして置きましょう。ここで間違い気付く事ができないと、その後は名前の間違いを継続する事となります。大変失礼になりますね。
ここで必ず確認して置きましょう。

名刺の収め方

名刺を収める時には、

「お名刺、頂戴しても宜しかったでしょうか。」

と礼儀上一言添えましょう。渡している側からみれば、良いから渡している訳ですが、この一言を最後に付け加える事で最後に印象良く変える事が出来ます。
最後の印象が、後にすべての印象ともなりかねません。
会話中に少し位失礼な発言があっても、ここで挽回する事も可能です。

最後の一言を忘れない様にしましょう。

名刺入れの頂いた名刺にも注意して下さい。
良く、名刺入れに色々な方の名刺が入りっぱなしになっている方が見えられますが、これは相手から見ると失礼ですね。
自分の名刺も、あの様に山の一部になるのかと感じさせてしまいます。

名刺入れの中の頂いた名刺は、その日に整理する様にしましょう。

まとめ

名刺交換は、一つの作法として身に付けて置きましょう。
一度身に付けてしまえば、その後は忘れる様な事でもありませんね。

名刺交換は、相手の目を見てしっかりと挨拶がポイントです。
更に、

  • 会社名など名前を添えて挨拶を行う。
  • 交換の方法、先に渡すのか受け取るのか。
  • 名刺の置き方
  • 名刺の収め方

この4つは確実に抑えましょう。
名刺自体は、名刺交換を毎日の様に行なっている方にとっては溜まりやすいために注意する事も大切です。

タイトルとURLをコピーしました