WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

ポケットWi-Fiは手軽IT環境を作れます!注意点有り!

ポケットWi-Fiは手軽IT環境を作れます!注意点有り!

ポケットWi-Fiは、手軽にネット環境を作るのには最適です。
部屋にインターネット回線を引くよりも手軽にインターネット環境を整える事も出来ます。一人暮らしであったり、単身赴任でのWi-Fi利用は増えております。

このポケットWi-Fiが最近人気の理由は、

  • 海外でも使えるクラウドWi-Fiの登場。
  • 月額が安価
  • どこでも使える

この3つが大きな要因ですね。
しかし、ポケットWi-Fiにもメリットやデメリットもあります。さらに最近人気のあるクラウドWi-Fiがどの様なものなのかを理解して置きましょう。

ポケットWi-Fiのメリットとデメリット

ポケットWi-Fiのメリットは、

  • どこでも直ぐに使う事ができる。
  • 月額も比較的安価。
  • 各デバイスにも対応。

この様なメリットがあります。スマホとの併用を考えている方に取ってはキャリアのギガ数を最小にしてWi-Fiで通信を行っていると言う方も見えられます。
手間の掛かるセットアップやスマホ・パソコン・タブレットと選ばずにWi-Fiに対応しているデバイスであれば、その場で利用可能な事は大きなメリットですね。

デメリットとしては

  • 通信速度
  • 電波の不安定
  • 通信制限(一部製品)

がデメリットとなります。
現在、テレワーク自体は増えておりますが、実はWi-Fiの通信量自体は増えておりません。その殆どが固定回線での光コラボ系通信が主となっております。
これは、通信速度と回線の不安定さが主な要因ですね。

インターネット回線を選ぶ時には、固定回線とWi-Fi環境、さらに通常のSIMを使ったWi-FiとクラウドWi-Fiの違いは知って置きましょう。

固定回線とWi-Fi環境

固定回線とWi-Fi環境の違いは、通信速度と安定度が大きく違います。
固定回線とWi-Fi共に、通信速度と言うものが存在します。良く下り最速300Mbpsと表記されているのが通信速度ですね。この通信速度ですが、常時最速の速度を出せる訳ではありません。多くの人が利用する時間帯、夜23時位が一番使用料も多いと思いますが、この時には固定回線でも通信速度が下がります。Wi-Fi環境だと通信速度だけでなく繋がりにくくなったりしますね。
通信速度は、固定回線の方が圧倒的に早くなっております。速度が遅くなっても動画の再生時に少し不安定となるだけですが、Wi-Fi環境では再生が出来なくなると言う事も考えられます。動画を良く見ると言う方に取っては、Wi-Fi環境よりも固定回線をお勧めします。現在の各社における光コラボであれば、室内はWi-Fi環境も整える事が出来ます。月々の料金も5,000円程度で抑える事もできるため、持ち運びを考えていないのであれば、固定回線の方が断然有利ですね。

Wi-Fiには通常SIMとクラウドWi-Fiがあります。

Wi-Fiには、通常のSIMが内臓されているWi-FiをSIMがないクラウドWi-Fiがあります。通常SIMは携帯キャリアと同じと考えればイメージし易いと思います。
電話番号が中に内臓されていて、そこから電波を拾っております。
一方クラウドWi-Fiは、端末ではなくクラウドサーバー上で世界各地のキャリアのSIMカードが管理されています。
端末にはクラウドサーバーに現在地を知らせる役割を果たすSIMカードが装着されており、その現在地の情報を基に、クラウドサーバー上の一番近いSIMカードのにアクセスすると言うのが仕組みです。その結果、海外でも端末を変えずに接続する事が可能と言うのが大きなメリットです。

クラウドWi-Fiのメリットとデメリット

クラウドWi-Fiは非常に注目を集めておりますが、メリットだけではありません。デメリットも存在します。

クラウドWiFiのメリット
  • 1台の端末で世界各地のキャリアが使える
  • 面倒な設定やレンタル手続きが必要ない
  • 現在地で最も繋がりやすい回線が使える
  • 通常のポケットWiFiとしても使用可
  • 海外利用時はオンにした日のみ利用料発生
クラウドWiFiのデメリット
  • 渡航先によってはSNSなどが使えないことも
  • 通信速度が遅い
  • 回線のパンクが起きる蚊可能性がある。

これがメリットとデメリットとなります。
メリットについては非常にイメージし易いと思いますが、デメリットはテレワークの導入が進んだ事により、一時クラウドWi-Fiが全く繋がらないと言う事案が最近もありました。これは、安価で手頃なだけに普及自体は早かったのですが、クラウドSIMの数が全く間に合わなくなった事によって起きた問題です。
現在は少しづつ回復はしておりますが、これから5Gの普及に伴い、誰もが動画の再生を行ったりした際には利用頻度の上昇からも同様な事案と言うのが起きる可能性があります。注目していただけに、残念な問題ですね。
こうして見ると、大手3大キャリアが5Gの料金体制にデータ容量無制限を初めから提供して来なかった理由が良く分かります。あまりに皆が通信量を気にせずに使用すると同じ結果にもなってしまいます。無制限に出来なかった理由があったのですね。

 

タイトルとURLをコピーしました