WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

メモリ増設で失敗してしまう事例!ここだけは注意しましょう!

メモリ増設で失敗してしまう事例!ここだけは注意しましょう!

パソコンで動きが遅くなった時にメモリの増設は有効です。
現在は、動画などの編集で多くのメモリを使用する事も多いため16Gは欲しいと言う方も少なくありません。
何もなく動かすには8Gも搭載していれば十分ですが、現在は多様なアプリも起動あっせるため、多い方が安心感もありますね。

以前、古いMacBookにSSDを換装して新しく生まれ変わりましたが、今回はメモリも増設して見ました。

メモリの増設を行う時に注意する点は、モジュール規格です。

形は違いがありますが、モジュール規格は必ず調べないと起動しません。
絶対に調べてから購入しましょう。

モジュール規格

モジュール規格は転送スピードです。チップ規格とも言われ、周波数で表されたりします。モジュール規格は相互性があります。

例えば、チップ規格2400Mhzのメモリ規格のパソコンに、2400以下の周波数であれば起動することが出来ます。この大きさは、マザーボードの耐えれるスピードの速さです。より速い2600などのメモリは取り付ける事が出来ません。

良く間違えて購入してしまう場合は、この数値がマザーボードの耐えれるスピードよりも大きなものを購入してしまいます。
形は見て区別を付ける事が出来ますが、周波数は特に注意しましょう!

タイトルとURLをコピーしました