WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

ゴルフボールの選び方!自分の癖でボールのタイプを変える!

blog

ゴルフボールの選び方!自分の癖でボールのタイプを変える!

長年ゴルフを行なっている方でも

  • ゴルフで中々スコアが伸びない。
  • 自分はスライサーだと解っていても、結局OBを連発する

これはゴルフあるあるですね。
特にスコアで100を切りたいけど、なかなかスコアメイクが出来ないという方は、ゴルフボールを選んで見ましょう。

自分の癖にあったボールを選ぶだけでも、少なからずスコアは変わりますよ。
特に初心者の方は、ロストボールを使いがちですが、ボールの特徴を良く理解するだけでもスコアは格段に変化致します。これからゴルフが上達したいと思う方が、是非ゴルフボールにも目を向けて見て下さい。

ゴルフボールの種類は大きく分けて2種類です。

  • スピン系
  • ディスタンス系

の2種類ですね。それぞれの特徴を知ると、コースの幅でも使い方も変えることが可能です。知っているだけで、スコアは良くなります。

「スピン系」と「ディスタンス系」

ゴルフボールは「スピン系」と「ディスタンス系」に分かれます。良く言われる事は、スピン系はプロが使う。ディスタンス系はアマチュアが使うと例えられがちですが、では、何が違うのでしょうか。最近は第3のボールとして、両方の良い所を取ったボールと題して発売されて来ておりますが、私は使い分けをお勧め致します。

スピン系

スピン系は、読んで字の如く、スピンが良く掛かるボールです。プロが、グリーンで逆回転を掛けたり、グリーン周りでピタッと止まったりとカッコいいですね。
コントロールショットが行い易いボールですが、回転が掛かり過ぎると言うのは曲者で、スライサーの方ならどこまで曲がるか解りません。横回転もスピンが効いてしまいます。これは、言われれば、「なるほど」と誰もが思います。今まで、肝心な所でスライスをしていた方は、今一度ゴルフボールの事を考えて見て下さい。

ディスタンス系

スピン量:2,500RPM付近のボールがディスタンス系となります。(スピン系は3,000を超えて来ます)これは、スピンが掛かりにくく、飛びやすいボールなので、初心者にはお勧めです。どちらかと言うとボールの反発を利用して飛ばすボールなので、ジャストミートした時の飛び方は半端ないです。しかし、ジャストミートしていない時は、「あれ?」と言う時もあります。しかし、比較的安定しておりますね。私の場合は、一番最初は「ディスタンス系」でドライバーを打ちます。皆さんも、1H目からOBは結構萎えますよね。体も回っていない為、最初の3H位はディスタンス系で様子を見ます。今までの経験で、狙った所からズレ幅が少なければスピン系も使いますが、ほぼ「ディスタンス系」で済ませてしまう事が殆どですね。選択をする時はショートホールです。ピンの奥が昇りか下りか、で使い分けます。個人的にはショートホールのが難しい。少しでも離れると、一瞬でボギーになってしまいます。

まとめ

ゴルフボールの特徴を意識するだけで、色々な攻め方が出来る様になります。カッコいいゴルフを目指したいならスピン系は良いと思いますが、大きくスコアを壊したくないと思ったらディスタンス系がお勧めです。途中で使い分けるのも非常に大切な事ですし、その日の調子で、私もスピン系で攻める事は多々あります。ベストスコアは、やはりスピン系でバジバジ攻めた時に出ました。ボールを変えるだけでスコアが伸びるなら、是非やって見るものですよね。

タイトルとURLをコピーしました