新生活応援!失敗・損をしない新生活の始め方

blog

新生活応援!失敗・損をしない新生活の始め方

新生活のスタートは色々な形で訪れますね。
時には、突如訪れる場合もあります。

・新しく学校に進学。
・新卒として就職から新生活をスタート。
・新しい部署に異動となり新生活うぃスタート。

転職や結婚を期に新生活と言う方も少なくありません。事前に解っている時であれば準備も万全に進められると思われがちですが、引っ越しと言うのは手間も掛かれば、少なからず無駄な出費が重むものです。中には、転勤を繰り返し「引っ越し貧乏」になる方も少なくありません。

新生活を迎えるにために、絶対に行わななければならない事は

  1. 住む場所を決める
  2. 引っ越し業者を決める。
  3. 電気・ガス・水道、ライフラインを契約する。

この3つは必ず行わなければならない事ですね。同時に、現在住んでいる場所の解約も行わなければなりませんが、ここは賃貸の場合で解約日と立会いをお願いするだけで、あとの電気・ガス・水道は新しい新居をの契約時に解約も同時に出来ると言う事が多いので、後からでも問題ありません。必ず行わなければならない事を行えば、新生活をスタートする事は可能です。

新生活を迎えるために、やった方が良い事。

ここからは、引っ越しをする前の段階です。引っ越しを行うには、少なからず出費も出るため、少しでも損をしない事が大切です。家財道具から生活用品など、時には今まで使えていたものが使えなくなると言う事もあります。

例えば、

ガスコンロは、都市ガス用とプロパンガス用があります。ガスファンヒーターも同じですね。新しい引っ越し先と使用が異なれば、買い換えなければならなくなります。

家具付きの家に引っ越しをするとなると、今まで使っていたものは、予想以上にいらなくなります。この様な場合は、時間がないと捨ててしまうと言う事もありますし、一緒に持っていくと言うだけで、引っ越し費用は大きく価格が変わって来てしまいます。極力、無駄なものであったり、荷物として嵩張るものは、処分する方が賢明です。

新居に入ると、その部屋にマッチしたものを購入したくなったり、押入れや物入れでも大きさの企画が違うため、買い換えたりと言う事は良くあります。将来的に買い換えようと考えている場合は、思い切って先に買い換えると言う視点の方が、最終的には安く済んでしまうと言うケースも多くありますよ。

ポイントは、新居の生活をイメージして家財道具を持っていくのか買い換えるのかをイメージする事が大切です。

ポイントとしては、

「ベッド」「冷蔵庫」「洗濯機」などの重さと場所を取るものは、新居でどこに置くのかと言う事と、寸法は事前に測って間違いがない様にしましょう。スペースの使い方も大幅に変わって来ますよ。

予想以上に持っては来たものの買い換えたと言うものは、

・テーブル、椅子、押入れ収納BOX

この3つは今までの生活で使いやすさから慣れてしまっているため、環境が変わる事で設置の仕方がかわり、使いにくくなったと買い換えるケースが一番多い項目となります。今まで気にしていなかったけど、現在住んでいるアパートやマンションで、昔の折りたたみテーブルが出て来たと言う事もありませんか?洗濯物をかけてある椅子があると言う方も少なくありません。これは、本来邪魔なものなのですが、自分で有効利用していると思っているだけの商品です。無くても全く問題のない家財道具ですね。これに引っ越し費用が発生する事は非常に損をする結果になりますよ。

まとめ

新しく新生活を始める方、転勤の多い方、引っ越しに慣れている方や初めての方と多く見えると思いますが、一番大切な事は無駄なものは排除する事です。思い切ってミニマニストの生活を送ると言うのも良い案だと思います。身軽に必要なものだけ購入する方が、後の生活でも効果的です。
ほしいと感じたら、シェアリングもお勧めします。予想以上に使った結果、いらなかったと言う事も多くありますね。

タイトルとURLをコピーしました