新生活応援します!リモートワーク・学習でも参考になります!

新生活は始めが肝心です!
最初に手間を惜しむと結局は居心地が悪くなったり買い替えたりと後悔いも繋がります。
順番通りに行えば、問題はありませんよ
インターネット回線や電力会社のプラン変更もこちらから簡単に行えます!

今ならキャンペーン中!

需要が高まるwindow10アップロード後の悩み!

需要が高まるwindow10アップロード後の悩み!

window7のサポートが終了し、window10へのアップデートをされた方は多いのではないでしょうか。その中でも起動の遅さが顕著に表れておりますね。
これは、一度強制的にアップデートが行われた時にも同様な事案が発生し、ユーザーの中ではWindows7へ戻すと言う事案に踏み切ったほど、起動スピードの遅さはストレスが溜まります。現在、Windows10の起動スピードに関する動画やサイトアクセルが急増しております。
その位、現在需要が高い状況ですね。では、本当に起動スピードを高めることが得策なのかを考えて見てください。ぶっちゃけ言うと、これは現在のPCスペックにも寄りますが、ぶっちゃけ買い換えた方が早いです。しかも、サポート期間終了にて、需要が高まると中古機市場は特需と考え若干費用が高めになっておりますので注意しましょう。

ポイントは

・SSDが感想されているか。
・CPUの性能

ここは抑えたいポイントです。

パソコンの起動スピードや処理速度は、CPUの性能とメモリが大きく影響します。
メモリは増やすことは可能ですが、CPUは改造が必要となります。CPUを付け替えるのであれば、はっきり言って買い換えた方が早いです。経験から言うと、

1万円でCPU2.9GHz
メモリ4G
SSD:128G
HD:256G

位のスペックは1万円での買い換えで十分可能です。しかし、現在は特需となっておりますので、若干高めですね。ここは注意しながら探して購入すべきと思います。変に、現在のPCをいじりながらチューニングやメモリの増設を行う方のがコストが掛かります。CPU性能が高いスペックをお持ちの方はアップデートでの運用をお勧めしますが、そうでない方は買い換えの方がコストパフォーマンスは良いですね。また、買い換えやアップロードをした方も、この機会にシステム自体を構築することはお勧めします。システム構築とは、

・外部HDDでファイルを保管
・クラウドでファイルを保管

以上に分けられると思います。大事なファイルを外部に保管すりことで、有事の際でもデータ自体は残る様にしておくと言うことですね。現在は写真などの保管も大切にしている方も多いため、外部保管をお勧めします。

システム構築

Windowsを起動する上で重要に考えるのは起動スピードですが、SSDを換装することで圧倒的に速さを追求することは可能ですが、あまりの速さに壊れやすいと言うデメリットも発生します。
今回、この機会にプログラム系はSSDから起動することで速さを追求。データー系はHDDからと分けられるのも良い方法だと思います、外部HDDを使用すると言うのも良い方法ですね、バックアップも同時に行うこともできれば、データ自体はいつでも保護されます。
セキュリティーや重要なデータを扱っている方は、今回のアップデートでついでにシステムを見直されてはいかがでしょうか。

MACへ変更する。

MACは、起動スピードが早いことが特徴です。またiCloudによるクラウド保管が様ですね。
Windowsがチューニングによりスタートアップやカスタマイズでバックグランドを止めたりするのに対し、MACは逆の発想ですね。通常は、必要最低限のものしか動いておりません。カスタマイズで必要なものを動かすと言うのが概念です。
MACに慣れてしまうと、Windowsはとにかく遅いと感じます。
とは言っても、バックアップ機能は大切ですよ。どうせなら、外部HDDや外部SSDは推奨します。

タイトルとURLをコピーしました