やるべき事をやる理由

blog

やりたい事よりも、やるべき事をやる理由

難易度

そろそろ五月病から、本格的に「このままで良いのだろうか」と考え始めてきた企業戦士の方も見えられるかもしれません。最初は、期待に胸を膨らませ、自分のやりたい事を志して来ましたが、やっている事が自分のやりたい事と違うと思ったり、転職したり、転職サイトを見ている方も見えられるかもしれませんが、もう一度、良く考えて下さい。私自身としては、やりたい事を貫きたいのであれば、早く「起業するべき」と思います。これは、寧ろリスクを負ってでも貫き通した方が良いと思いますし、若ければ若い程、一度は経験するべきと思います。起業の仕方が解らないと言う方、何でも構いません。自分でサイトを立ち上げて見て下さい。私のブログでも、これからは動画と言いながらも、サイトを立ち上げれば色々な情報は入って来ます。その内に、自分のやりたい事も明確になって変わって来ます。まずは一歩を踏み出して下さい。
やりたい事をやる。やりたい事をやりたい。と言うのは、本来一番難しく、難易度が高い事なのです。例えば、「プロ野球で4番を打つ」と言いうのがやりたい事であれば、どれだけの実績を残さなければならないか明白ですよね。本来は、まず「やるべきことをやる」方が先です。起業したいのであれば、これもやるべき事をやった上で「起業」すると言うのが本来の姿です。

やりたい事をやるのは贅沢

好きな事をやって生きていくと言う事は、誰もが憧れ、最も贅沢な生き方です。只、私としては、この生き方を否定したくないのが本心です。好きな事をやって行くには、壮絶な努力もあったり、時には野望もあったり、最終的には得たものや失ったもの、裏切られたりと多くの苦い経験もあるかもしれません。ただ、結果として、やりたい事がやれる様になったのであれば、それは自分も周りもハッピーな事です。単純な事ですね。一つのベンチャー企業が野望を持って生まれ、結果、成長したのであれば、そこの従業員もハッピーです。投資した会社もハッピーです。皆が幸せになれるハッピーのスパイラルは、私は広めたいと思いますね。只、これも「やるべき事」をやらなければ、やりたい事には繋がらないと言う事ですよ。

実力が上がれば、幅は広がる

やるべき事をやれば、必ず実力は上がります。特に企業戦士では、作業が細分化されている為、業務単体では、「これやって意味あんのかよ」と思う事は、はっきり言って多々あります。やるべき事をやっていれば、次の仕事が与えられます。そこで、点と点が結ばれ、一つの線になって来ます。線になると本質が見えてくる為、結果として、この線が太くなって行けば行く程やる気に繋がり、自分の幅も広がれば、改善と言う視点でも必要な人材となってきます。更には、今後「起業」と言う視点で見ても、様々なリスクヘッジが出来る様になって来ます。企業戦士の良い所は、失敗しても給料が支払われと言う事です。やるべき事をやっていれば、給料が支払われないと言う事はありません。また、幅が広がるとやりたい事も変わって来ます。今までは、自分で起業して自由に生きたいとか、誰にも縛られたくないとか考えていても、幅が広がってくると世界を変えたいとか、起業して有名になりたいとか考が変わる様になります。

出来なければ、将来はない

単純な事です。学校で例えるのであれば、足し算が出来ない方に掛け算ができますか?足し算は世の中に必要なのでしょうかと屁理屈を言う小学生がいたとします。足し算は、世の中でこの様な場合に必要だから、習得しておこうね。何て話を毎回していたら、その子供は遅れるだけです。ましてや、他の子供にも迷惑です。やるべき事であるならば、何も言わずにやれ位の勢いで吸収させる。また、吸収して行かなければ、自分自身が取り残されます。それ位、世の中の変化も大きく厳しい世界です。

まとめ

やるべき事と言うのは全ての世界で存在し、最も基礎となる項目です。すべては行動と私は捉えております。この行動無くして、成功は考えられません。ブログを通じて、私の世界が変わりました。皆さんへも、是非同じ世界を感じて頂きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました