市販の担々麺と台湾ラーメンを美味しくする方法

市販の担々麺と台湾ラーメンを美味しくする方法

台湾ラーメンや担々麺をが好きな方には我慢できないのが、辛さと共にひき肉の食感と味覚ですよね。ただ、麺だけを頬張っていれば、味気ないものになってしまいます。
さらに、具だけ良くても、食べ応えはありませんね。
そこで、今回はレトルトの食材でもプロ並みに台湾ラーメンと担々麺を作れる方法をご紹介します。

具は分けて作る

台湾ラーメンでご紹介します。
好みにもよりますが、ニラ・にんにく・豚ひき肉・片栗粉を用意して下さい。
一人前であれば、ひき肉は好みの量にもよりますが、50gもあれば十分でしょう。

具を炒める

フラインパンで、にんにく、ニラとひき肉に片栗粉を混ぜ、区分けせずに丸ごと一個炒めます。
ひき肉をハンバーグの様に炒めるのは、フラインパンで巻き混ぜながら分裂させた方のが食べ応えがあるからです。粒が大きい方のが、食べる時にも良いと思いませんか?
小さく分けて炒めると、さらに小さくなってしまいますので、丸ごと一個の状態で炒め、かき混ぜながら分れるさせるイメージで炒めましょう。

スープの元と麺を入れる。

具材が炒め終わったら、スープの素をフラインパンに入れて具も一緒に味付けを行いましょう。
一番、味が染み込んできます。
さらに、少し水を加えて、麺も一緒にほぐしながら炒めましょう。
ポイントとしては、本来お湯で麺をほぐしながら茹でるのですが、味が薄くなってしまいます。
フライパンで濃厚な具と水分でほぐし、茹でる事をイメージして水を補充して下さい。

茹であがっらら、器にうつす。

麺が茹で上がり具と絡みあったら、盛り付けて下さい。最後に、お湯を適量にて補充しましょう。
中華のポイントは炒める事です。中華料理には炒め物が多いです。その火力で一気に炒め、具材の美味しさや鮮度を凝縮します。日本では、麺類は茹でるイメージの方が強いと思いますが、中華の良い所と日本の良い所を取り入れれば、さらにアレンジも膨らんだ食文化も自分で作っていく事ができますよ。簡単に出来る工夫は色々と試して見ましょう。

タイトルとURLをコピーしました