WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

Youtube動画のアルゴリズムを実践した結果

blog

Youtube動画のアルゴリズムを実践した結果

Youtubeのアルゴリズムは、比較的シンプルです。
twitterやブログなど、キーワード選定やズラしと言う小手先のテクニックを使わなくても、正直者が結果の出易い部類に入ります。

そもそもですが、YouTubeが最も重視することは、

「Youtube上でのユーザーの滞在時間を長くすること」

になります。

つまり、YouTubeではYouTubeそのものの滞在時間が長くなるのであれば、ユーザーがどのチャンネルで、どの動画を見ていようと関係ないんです。

それを理由にYouTubeは、個々の動画の再生回数が増えるように働きかけることを、積極的には行いません。

ただし、動画を視聴する側のユーザーには積極的に働きかけます。

ユーザーが興味のある動画、ユーザーが観たいと思う動画を前面に押し出すことで、少しでも長く多くのユーザーがYouTube上で動画を見ることを促進します。

そのためにもYouTubeは、ユーザーが高評価した動画を積極的に見せ、興味なしとした動画は出さないようにするのですよ。

考えてみれば当然のことですが、まずはYouTubeがユーザーのYouTube上での滞在時間を最重要事項として捉えていることを頭に入れておきましょう。

ポイントは

・再生時間
・チャンネル登録
・高評価

の3つですね。

気を付ける点としては「低評価」はそのままマイナスになると言う事です。
しかし、どこを伸ばせば確実にアルゴリズムで上がるとわかっていれば、検証がし易いと言うのが特徴です。この仕組みを知ると、色々な小手先が見えてきますよ。

再生時間

YouTubeでのアルゴリズムは、視聴回数ではなく「再生時間」がポイントです。当然ですが、視聴回数が増えれば再生時間は伸びますが、

 

1時間の動画×1万回視聴=10,000時間 です
2時間の動画×6千回視聴=12,000時間 ですね。

当然ですが、後者の方が上位表示されます。

動画を見ている時に、

「少し休憩を挟みます」
「少し宣伝を挟みますね」

と間を取っている動画を見た事があると思いますが、これは動画を見ている方には間を取るメリットもあれば、本来編集で消していたものを敢えて残る事で、動画の再生時間も伸ばすと言うテクニックの一つです。

結構、やっている方も見えられますが、今の動画であれば、まだまだ有効ですね。
自分が狙うキーワードで、再生時間を逆算する事ができれば、明確に狙う数値がわかります。これは結構モチベーションも上がるんです。

チャンネル登録

これは、はっきり言って努力しかありません。色々な心理テクニックはありますが、小手先で勝負できるレベルではありません。ただ、今では再生時間を取る事ができれば、必然的にチャンネル登録を増やす事は可能です。比例にて増加して行きますよ。

チャンネル登録もそうですが、チャンネルでの滞在時間も非常に大きなポイントとなります。
YouTubeで重要視している事は、ユーザーの滞在時間です。これは、動画を見ている時間もそうですし、コンテンツの豊富さも含め、どれにしようか迷っていたりする時間も含まれます。チャンネル内での滞在時間は、色々な工夫で可能かもしれませんね。

高評価

ポイントとしては、最後まで見て頂けた方に、確実に高評価をおして頂くと言う事です。
それには、次回の告知や演者からの販促も必要ですね。何も言わなければ、そのまま通り過ぎてしまいますが、一言勧めて頂くだけで高評価を頂けるのであれば、これほど効果のあるものはありません。是非行って見て下さい。

まとめ

アルゴリズム自体は定期的にアップロードされます。

しかし、YouTubeの本来の目的は良く知っておく事は非常に大切ですね。
必ず、このアルゴリズムの中身が分かってくると、それだけに特化したサイトや動画を作ってくる方々が多く見え受けられます。ただ、本質自体は変わりませんので、良い形で取り入れながら有意義な情報を発信して行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました