WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

もし転職で失敗したかもと思った場合の対処方法

blog

もし転職で失敗したかもと思った場合の対処方法

転職した方は、一度は就職活動も行い経験をしているため、新卒の方と比べると失敗しないのではないかと思われている方も見えられるかもしれませんが、実は「こんななずはなかった」と思われる方は少なくありません。転職者が直面する様なギャップは非常に多くあります。

特に、経験者だからと即戦力でと考えている方は大間違いですよ。

日本企業の特徴は、新卒から自社に特化した形で人材育成を行っている会社が殆どなんです。

例え中途採用で採用したとしても、新卒用の人材育成マニュアルがある会社では併用して来るのではないでしょうか。即戦力を対象とした人材育成マニュアルは、特に今の日本の大手企業では無いと言う事ですね。

中途採用を積極的に採用している会社でも、内情を見れば年齢や学歴を考慮した給料体型に加え、勤続年数と職能給を合わせる事で、最終的には終身雇用での給料形態を意識した会社が殆どですね。言い方を変えると、能力だけに特化した給料形態での雇用は、今の日本企業では少ないと言う事です。大企業では、まずありません。

皆さんが、もし今日入社してきたばかりの人が自分よりも給料体型が良かったら、モチベーションはあがりますか?

既存の人材はやる気が無くなってしまうと思います。会社としても、他の社員がやる気がなくなる仕組みは作らないですね。

3年は耐えてみる事も考えて見ましょう

それぞれの会社では、会社毎に同じ業種や職種であっても、少しづつ求めるスキルは違って来ます。どんなにスキルを身につけて転職を行っても、「業務スタイルが合わない」「ついていけない」と言う理由で優秀な人材が離職すると言うケースも少なくはありません。ただ、あまり短い期間で転職をする事は、自分自身の可能性も潰してしまう事にもなりかねません。また、次の転職の時にも良い影響とは言い難く、中には、転職自体を3回以内で採用を決めている企業も存在します。短い期間で数社転職を繰り返す35歳と、3年以上は勤務している35歳と最終的にはどちらが転職に有利になるかは、冷静に考えれば良くわかりますね。自身のキャリアアップの為に、経験やスキルを蓄える期間は誰にでも必要です。後の人生にも大きく影響してきますね。

もう一度、転職の理由を整理する。

転職した時には、転職の理由や原因があったと思います。
こんなはずではなかったと思った時には、もう一度転職した時の気持ちや理由を整理する事から始めましょう。

 転職の時には、転職への焦りや現在の職場での不満から、冷静な判断が出来なかったと言うケースもあります。また、転職エージェントや紹介をしてもらった場合、中途採用担当や転職コンサルから少し評価されるだけで、「自分はできる存在なんだ」「価値観がある人材なんだ」と早合点し、実際に転職して見たら、その他多数の存在と同じだったと言う事は良くある話です。
中途半端な形で次の仕事を探すと言うよりは、自分の市場価値をしっかりと上げる事を目的に、能力の開発に特化した形で取り組む事も一つの手ですよ。

3年を乗り越えられる人と乗り越えられない人の違い

最も重要な事は、仕事に対する姿勢が能動的な事だと言う事です。

ルーチンワークだけ惰性でこなす、指示があるまで自分からは動かないといった癖の抜けない人は、 どれだけ職歴が適合しても、新天地で伸び悩むケースも多いですね。逆に、多少畑違いではあっても、 常に主体的に課題を見つけて業務に取り組む習慣のある人材は、中期的にはどの様な環境でもフィットし、 戦力になっていくものです。

主体的に行動できる様になりましょう。

主体的に行動するには、ビジネス書でも有名な「7つの習慣」第1の習慣「主体的に行動する」を参考にすると非常に良いですよ。

タイトルとURLをコピーしました