国内パソコン市場は本当に復活なのか?

国内パソコン市場は本当に復活なのか?

オワコン(終わったコンテンツ)と思われていた国内のパソコン市場が、急激な回復を見せているとのニュースが流れております。確かに、Windows7のサポート終了を2020年1月に控える状況を考えると、消費税が増税される前に買い換えようと言う動きは頷けますね。
また、最近では、働き方改革の一貫として「テレワーク」を推奨する動きも出ております。そうすると、家庭でのPCは必須となりますよね。需要は一時的かもしれませんが、伸びている傾向は伺えますね。

では、WindowsとMac、皆さんならどちらを選ばれますか?

色々な主観はあるかもしれませんが、個人的には、断然Macをお勧め致します。起動スピードも圧倒的に速いのも特徴ですね。
慣れて使いやすさであればWindowsを選ばれるかもしれませんが、未来の事を考えるとMacです。

Macを進める理由

一見、高価な様に感じますが、Macの起動スピードとWindowsの起動スピードを比較した場合、Macの方が圧倒的に早く立ち上がります。これは、Windowsの場合、購入時に色々なソフトが起動ファイルに組み込まれている為、遅くなるのが要因ですね。しかも、良くフリーズします。データを作成しながらフリーズをしたと言う経験は誰でもあるのではないでしょうか。作り直すと言う事になったら、時間の無駄以外、何者でもありませんね。Macだと、このフリーズが圧倒的に少ないですね。むしろ、今までフリーズをした事がありません。

便利なアプリが沢山ある。

Macにはたくさんの無料アプリがあります。Winにもありますが、他サービスとの連動アプリ(LINEやFacebook等のSNSアプリなど)以外のものがMacの方が充実している印象です。

携帯での普及率はiPhoneが全体の70%

携帯電話では、iPhoneが全体の70%を占めております。要するに、携帯と連動させるには圧倒的にMacの方が便利だと言う事です。Mac自体も携帯を扱う感覚と似ている為、iPhoneユーザーであれば、扱い方も直ぐになれますよ。

プログラマーの8割はMacを使用

プログラマーを目指す人はなおさらですが、プログラマーの8割はMacを利用しております。これは、アプリが充実しているからですね。最近では、携帯でもプログラミングをできる様にもなりましたが、こちらも連動すると言う考えではiPhoneとMacが圧倒的有利です。

トラックパットが優秀

デスクトップでは、付属である位にトラックパットが優秀です。これもMacの特徴ですね。マウスは殆ど必要ありません。その分、スマートに使いこなす事が出来ますね。

タイトルとURLをコピーしました