WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

体力の維持に大切な事

blog

体力の維持に大切な事

若い時には気付かないかもしれませんが、体力の維持と体力を付ける事は非常に大切です。
若さは最強ですね。しかし、若い人程、健康や体力低下に実感がありません。いつまでも体力には自信があると思いがちです。私自身の経験からも、知らず知らずの内に思いの他、体力は落ちております。一番大切にしてほしいのは、「目」です。
これは、私の経験でも一番の悩みでした。でしたと過去形である事は、今では大きく緩和されております。これは、今後活躍される若い方々へお送り致します。

最初の衰え

一番最初に衰えを感じたのは、30代に入って直ぐですね。
この時は、昔はサッカーを行っていた事もあって、有志と「フットサル」を行っておりました。その時に「肉離れ」です。最初は準備運動が不足していたかと思いましたが、とにかく治りません。
30歳になるだけで、こんなに違うのかと思ったものです。しかし、その時には全く認めよ様としませんでしたね。それから数日経ってからです。ある時、子供達に水泳を教える機会がありました。
サッカーも行っておりましたが、水泳も幼少期から行っていた為、自信はあったのですが、いざ泳ぐと5mくらいしか泳げません。ビックリしましたね。昔じゃ、10,000mとか泳いでいたのに、5mです。理由は明白で、息継ぎです。十分な酸素を取り込む事が出来ないので息苦しいのです。我慢をすれば10m位は泳げると思いますが、かなりショックでした。体力の衰えは、自分の知らない所で確実に進んでおります。少しでも長くパフォーマンスを保てる様に、日々のトレーニングは行った方のが良いですよ。私も現在はトレーニングを欠かさず行っておりますが、一度体力を落としてしまった状況で維持しているだけなので、非常に大変です。若い時から行っていれば、もう少し高い水準で維持できたと感じております。今の内から準備を行って行きましょう。

目の衰え

これはガチでやばいです。私も体力が衰えながらも根性論ですね。絶対に折れないと言う心を持っていたので、絶対に何とでもなると思っておりました。しかし、視力の衰えは、手強い!心を折らせます。一番最初に衰えを感じたのはケアレスミスです。私の得意としていた事は

①スピード
②精度

でした。これは、ビジネスを行う上でも重要な事ですね。スピードが早ければ、色々な案件に対応する事が出来ます。精度が高ければ、信用を得る事も出来ます。今まで、ケアレスミスは殆どしなかった経験から、最近ミスが多いと指摘を頂いた時は、最初そんなはずはないと思っておりました。しかし、実際に見直すと確かに間違っております。気を付ける様にしても、数日後には間違える様になりました。その時に、私はひょっとしたら見えていないのでは?と思い眼科へ行きました。現在は修正されておりますが、確かに、今ままでは資料を見ただけで数字が頭に入り分析や指標として思い描く事が出来ましたが、その処理能力が格段に落ちております。それははっきり言って視力ですね。これは、誰でもいずれは訪れる事だと思いますが、早く気づく事ができればコンタクトにて併用したり手術を受けたりと対応方法は沢山あります。大切な事は自覚する事ですね。若い内から、しっかりとパフォーマンスを維持できる様に健康管理には注意しましょう。

サプリメントも有効!?

使い始めは効果は感じておりませんでしたが、目が疲れて頭痛がする時に頼った所、翌日にはスッキリした為、現在では効果はあるのかな?と思っております。最初はこちらの「えんきん」を利用しておりましたが、価格面でも高い為、少し安いのに変えました。

 
 

最近はこちらを利用してます。価格面では少しお得!でも、効果はあまり変わらないのでいいですね

まとめ

どんなに優れたエンジンを持っていても、その土台となるボディーやタイヤ、すべての部品及びパーツにおいて優れていなければ性能を発揮する事は出来ません。F1のエンジンを軽に積んでも、性能を発揮する事は出来ませんよね。自動車でパンクしてスペアタイヤを付けている時も同じです。時速で言ったら60キロまでした出せません。直ぐにバーストしてしまいます。それだけ、性能を発揮すると言う事は一部一部の技術がしっかりとしていなければなりません。人間の体も同じです。若い時から将来を見据え、しっかりとコントロールをして下さい。


タイトルとURLをコピーしました