WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

格安スマホ料金値下げ

blog

格安スマホ料金値下げ

総務省が、格安スマートフォン事業者が通話サービスの料金を安く提供できる仕組みを作る方針を固めました。

携帯大手3大キャリア含め、格安スマホ事業者へ貸し出す通話の回線利用料に算定基準を設け、通話料の値下げを施すのが施策ですね。大手も含め、価格競争を活性化させ携帯利用者の負担を軽減させる事が目的です。

どう言う事!?

格安スマホ事業者は、自前の通信設備を持っていない為、大手キャリアから30秒辺り14円の回線使用料を支払っておりますね。これを引き下げる事で、価格競争を狙うのが目的です。

なるほど、大手キャリアが定額プランが多い中、格安スマホ事業者が定額に踏み切れない理由は、この通信料ですね。通信料が30秒単位である為、大手キャリアの様に定額に出来ないんですね。

【2019年】乗り換え者続出!格安SIMおすすめランキング!はこちら

このビジネスモデルは、電気の自由化における電力会社が行っているのと似ていますね。恐らく、良くご存知ない方も見えられるかもしれませんが、世界言うマーケットでは、このビジネスモデルは大きく浸透しております。

例えば

タクシー会社でも似た様な事が起きておりますね。ひと昔前は、駅前でタクシーが縦列駐車で溢れていると言う現象を見た事はありませんでしょうか。最近は天候の悪い日はあまり見かけなくなりましたね。しかし、混雑している時間帯でもアプリが発達している為、「迎車」でタクシーを呼べば5分程で到着します。ひと昔前は、何時間掛かっても待ったものですが現在は呼べば直ぐに来ます。「迎車」扱いとなる為、+αの費用は発生致しますが、時間がない方や数百円で済むならと呼ぶ方も少なくありません。これも、価格競争が激しくなる昨今の短歌上昇を考えた場合の対応方法の一つですね。需要としては大きく成り立っているのではないでしょうか。

付加価値

今後を左右するのは、すべて付加価値だと感じております。携帯電話事業で申しますと、現在の所、定額で提供できるのは設備を有する3大キャリアの付加価値ですね。一方、通話料が掛からないののであれば、基本料金と本体価格で初期投資が少ないと言うのが付加価値では無いでしょうか。

この付加価値は、すべての業種で訴求して行きます。

例えば、人材紹介であれば、アフターフォローも含め、セミナー等の育成の面でも付加価値は付いてきますね。現在のダイバシティの視点を捉えても、よりステップアップした人材紹介やヘッドハンティングも行ってくるのではないでしょうか。これは、容易に判断が付きますね。

まとめ

現在、色々な手法でビジネスの世界広がっております。情報から新しい知識を入れている方は上手く立ち回っていると思いますが、所謂情報弱者ですね。時に年配層には厳しい世の中となっております。寧ろ、損をしているものと感じます。この世界を脱却するには、一部が徳をして一部は損をそると言う仕組みを脱却する事が必要です。ご両親の方々には、是非仕組みから教えてあげて下さい

タイトルとURLをコピーしました