WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

パチンコ業界

blog

パチンコ業界

「30兆円産業」と呼ばれたパチンコ業界は、2017年度には19兆5400億円と、とうとう20兆円をわる市場規模まで縮小しました。パチンコ産業は1995年前後をピークに、緩やかに遊技人口を減らし、市場規模は縮小し続けております。パチンコ業界を取り巻く環境は、決して安穏としたものではありません。
しかし、パチンコ業界で働いている方は、非常にパワフルです。

パチンコ業界と聞くと、ギャンブルの世界と思われる方は多いのではないでしょうか。
現在、私自身は、微力ではありますが、携わらさせて頂いている状況となります。この業界に入って解る事は、予想以上と言うより、一般企業に比べても非常にクリーンです。しかも、売上規模で見た場合に非常に大きな可能性も秘めております。
今こそ、この業界は見直されるべきだと正直感じます。

度重なる規制

パチンコ業界が、ここまで大きく衰退の意図を辿ったのは、様々な規制が要因です。
遊技機の規制、広告宣伝に関する規制、小さな規制を加えれば挙げ出したら切りがありません。
では、なぜここまで規制が強化されていったのかと言えば、目立ちすぎたからと解釈できます。
日本では、公にギャンブルの規制しております。一部国営で競馬・競輪とありますが、原則的にはギャンブルを規制しております。このパチンコ業界は、娯楽として発祥しておりますが、気が付けば射幸性が上がり、ギャンブル的な要素が大きくなってしまったと言うのが実情ですね。しかも、娯楽産業において売上高も大きくなってしまった為、今まで暗黙としていた事が浮き彫りになり、行政としても示しが付かなくなってしまったと言うのも本音ではないでしょうか。只、この規制は、考え方によると非常に官僚としても有難い制度です。規制を強めれば検査する機関が増えます。検査機関が増えれば検査人員が必要になってきます。ここまでこれば、賢明な方々なら思い当たる事があるのではないでしょうか。そうですね。公務員の受け入れ先が増えると言う事です。リタイヤ組が次の就職先に行く場所が増えると言う事です。今までは、遊技機組合、各企業でもOBを積極的に再雇用で手助けをしておりましたが、検査機関自体が増えれば、更にOBの受け入れ先は増えますね。これからも規制自体は、減る事はないでしょう。

外部からの参入が難しい

パチンコ産業の発展を阻んだ要因に、外部から企業参入の難しさにあります。遊技機は、特許の塊の様なものです。各部品の形状から特許を取得しております。この特許は各メーカーが取得しておりますが、同じものや同じ形状のものを使用する際には、この使用を巡って使用料を払ったりしている状態です。その理由から、外部から入り込む事は難しく、どうしても現状を打破する事に偏ってしまう傾向が伺えます。また、業界価格と言われる位、パチンコ業界の価格は高いです。運送代にしても、パチンコ台1台運ぶのに20,000円とか馬鹿げた費用が発生します。通常の運送会社を利用する事が出来れば数千円です。しかも、不正を行われた経緯から、メーカーは指定の運送業者へ依頼しなければなりません。結果として、業界内の価格は下がる事がなく高騰しております。自由競争が出来ない状況では、新しい風を取り込む事も難しく成長にも時間が掛かってしまいますね。

社会貢献

パチンコ業界は、過去を振り返ると確かにダークなイメージは払拭しきれません。只、取り組みとして見た限りでは、他の業種を圧倒する位の社会貢献をしております。震災時に電気代について非常に叩かれた事も記憶に新しいのですが、実際はLED化への取り組み、CO2減少への取り組みを業界を上げて実施しており、平米辺りで計算すると他業種を大きく下回る推移となっております。また、官僚との結びつきも非常に大きな業界で、所謂キャリア組からその末端まで多くの受け入れ先が進んでおります。
今回、進んでいると表現させて頂いたのは、業界の意向に関係なく、その様な部署や検査機関が創られ易く、しかも業界全体では嫌な顔をせずに受け入れ共に発展しようとするスタンスが非常に高い業界です。今まで、どちらかと言えば足元を見られていた業界だけに、技術の進歩においては非常に積極的な業界です。今こそ、この業界に目を向ける事がビジネスチャンスに繋がると私自身は確信しております。

IR法案

IR法案とは、カジノ法案を総称して言われる事が多いですね。このIR法案自体は進んでいる状況とはなりますが、パチンコ業界はカジノが出来たとしても、それを支えようとしております。見ようによってはライバルになる事は明白で、しかも合法であれば何でも許されると進む中、業界では団結しながらIR法案を支え、且つ、自らの業界においても発展する意思表示を示しております。これ程、パワフルな業界は私自身も久しぶりです。これから少しづつパチンコ業界についても触れて行きたいと思います。

まとめ

パチンコ業界自体は、確かに暗いイメージを持たれているかもしれませんが、遠い昔の話です。今業界に残っている企業様は、上場企業と変わらない位の福利厚生や環境を整えております。
各官僚との結びつきも深く、アグレッシブな業界と言えます。その様な業界で、今後の動向は勿論ですが更なる発展に寄与出来ればと考えております。

 

タイトルとURLをコピーしました