超科学的に転職を行う

人生のチャンスを掴み取ろう!

転職エージェントDODAはこちら▶▶▶

暗号資産への投資も進化が進みます。半年間で別物ですね。

暗号資産への投資も進化が進みます。半年間で別物ですね。

暗号資産への投資金額が、全体で2兆円を超えたなど市場全体での盛り上がりを見せております。
この人気を集めている理由は、分散型金融のDeFiなどの新しい技術が進んでいることが大きな要因ですね。

暗号資産への投資方法は

  1. 暗号資産を購入して、価格が上がってから売却する。
  2. 購入した暗号資産を預けて利息を受取る(ステーキング)
  3. DeFiなどの分散型金融で、アルトコインなどを積極的に購入とステーキングを繰り返す。
  4. 価値の上がったアルトコインでBitcoinの保有率を高める。
  5. 新規の暗号資産を購入する(ICOなど)

この様な方法が一般的です。

日本では、始めて行うひとは、殆ど1番と2番だと思います。
日本の取引所で対応しているのは、この2つまでですね。

はっきり言うと、この2つまでではあんまり稼ぐことは出来ません。

まだまだチャンス自体は大きな市場ですが、
新しい技術と知識をしっかりと勉強をしていかなければ、既に厳しい業界ですね。

暗号資産にどっぷりと浸かりたいかたは、DeFiなどのステーキング自体は経験しておくことが必要です。

ウォレットの使い方くらいは理解して置きましょう。

とは言っても段階は大切です。
1番と2番は口座を開くだけですぐに行なえます。

早めに経験をしましょう。

暗号資産を購入して、価格が上がってから売却する。

一般的な投資の方法ですね。
しかし、すべての価格があがるとのというと、上がるとは言い切れません。
投資は長期で行うことが大切です。

そして、購入した暗号資産はステーキングで利息を得る様にしましょう。
日本の取引所でもコインチェックでは行うことが出来ます。

DeFiを取り扱うためには、下準備が必要。

DeFiなどの分散型金融を取り扱うためには、下準備が必要です。

  • 知識の習得。
  • ウォレットの使い方

この2つは理解を高めることが必要ですよ。

知識は、DeFiの知識ですね。
分散型金融を行うためには、BinanceチェーンやBinanceスマートチェーンばどの規格の違いも知っておく必要があります。

この規格の違いによって、通信や手数料の違いにも影響が出来でます。
間違えると、自分のお金自体をどこに送金したかわからなくなってしまうため、特に注意が必要ですよ。

ウォレットで有名なのは、

  • メタマスク
  • トラストウォレット
  • safepalウォレット

がよく聞くウォレットになります。
トラストウォレットとsafepalウォレットは、スマホで直接DeFiを取り扱うことも出来るので便利ですよ。

ウォレットの取り扱いが出来て、分散型金融での投資が出来る様になったら新規のICOなどのチャレンジして見るのも良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました