超科学的に転職を行う

人生のチャンスを掴み取ろう!

転職エージェントDODAはこちら▶▶▶

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)は問題になるのか?

blog

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)は問題になるのか?

現在、Bitcoinの上昇と共に、電力消費量の話題が大きくなります。
Bitcoinのマイニング方式は、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)となるために、早い者がちという考えになります。
その分、皆が競ってマイニングを行うために、相当数の電力を消費する結果にも繋がっています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)では、持っているコインや取扱量が多いひとほど優先的にマイニングが行えるために、この様な自体にはなりませんが、暗号資産の価格が上昇をすればする程に、マイニングは加熱する結果にもなりますね。

事実、

– 新しくマイニングシステムの導入。
– 半導体業界ではマイニングを行う設備が足りない。

と報道が出る位、マイニングは盛んに行われております。

では、実際にマイニングを行う電気消費量は環境問題になっているのかというと、
一概には言い切れない様ですね。

○マイニングによる電気使用量

Bitcoinのマイニングによる電気使用量は、年間77.8TWhといわれており、
Co2は37メガトンの発生とも言われております。

確かに環境問題にもなるかもしれませんが、ある国家の全世帯による無駄な電気を節約するだけでも賄える消費量であるため、一概には言い切れないとも言われております。

Bitcoinのマイニング方法自体を変更する事はできないので、これから技術が進んで、環境問題に対応した設備が登場をすれば、更に良くなるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました